ゴルフ天国

ゴルフを楽しくやろう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴルフ飛距離改革「ごくとび」

お金をかけることなく1日たった7秒でバストアップする方法があります。


ゴルフ飛距離改革「ごくとび」









































このDVDで、ドラコンプロ8人の「テクニック」「練習方法」、そして重要な「考え方」を公開します。太っている人、痩せている人、背の低い人、背の高い人…どんな体型でもOK!あなたの体型にピッタリの“誰よりも遠くに飛ばす方法”を、あなたの脳と身体にインストールしていきます。カンタンに言えば、ドラコントッププロが何年もかかって積み上げた“腕前”を、あなたに伝授しよう!という事なのです。

「嘘じゃないの?」「なぜそんな技術を教えてくれるの?」とそんな声が聞こえてきそうです。
なぜそんな技術を公開することが実現できたかと申しますと、
飛距離に魅せられ、ゴルフへの熱き想いを真剣に語りこのゴルフ業界、ドラコン大会の活性化につながればとの思いを
8人のドラコントッププロに伝え、協力をお願いしました。




















まずは、2005年 LDJ世界ドラコン選手権日本一にもなった福本大象プロの「簡単飛距離アップのツボ」無料レポートをプレゼント!トッププロのマル秘テクニックを見たい方は今すぐ登録してください!

















↑こちらで「ごくとび」DVDのオープニング映像をご覧いただけます↑

>












世界ドラコン選手権日本大会 運営実行事務局事務局長 平井 究 氏より
まずは今回このような飛ばしたい人のための究極なDVDの製作にあたり大変ご尽力されたこと、業界関係者として感謝いたします。またゴルファーの方が飛ばすことに対してもっと興味を持って頂き、楽しくそして競技に参加される人口が増えることに繋がれば大変嬉しいことです。
内容も拝見いたしましたが、今を代表するトップドラコン選手ばかりで解りやすく各々の極意を披露していただいており、トップシークレット座談会では日頃では聞けない裏話など大変盛り沢山で楽しめる豪華な内容に驚きました。本当にいいのかなと私自身思ったほどです。
これを是非見ていただき、競技にも参加していただきたいですね。

私たちLDJは日本のドラコン競技の拡大を目指し、世界に通用するロングヒッターを日本から輩出したいと考えて活動しております。
日本全国の飛ばし屋が真剣に、かつ楽しく競技ができる環境を整えるべくがんばっていきます。





















このDVDはとても素晴らしいね。
日本のトッププレイヤーもかなり飛ばしに関しては研究していますね。
かなりの内容だけど本当にこんなに教えても大丈夫?と疑っちゃうよ(笑)。
でもこれを見て日本のゴルファーがさらに飛ばすことを私も願っているよ。
Let’s try!













ティーグラウンドからキレイな放物線を描き、グングン遠くへ真っ直ぐ飛んで行くボール。理想のスイングで誰よりも遠くへ飛んだ時って、ホントに気持ちイイ~!でも、なかなか簡単にいかないんですよね。
「もっともっと遠くに飛ばしたい!」
「いつも一緒に回って負け続けている仲間達をギャフンと言わせたい」
「可愛い女の子とコースに出るならカッコイイところを見せたい」
「コンペでドラコン賞を取って参加者から注目されたい」
私の周りにも悩んでいる人やあきらめている人がたくさんいました。そんなあなたにぜひ、読んで欲しい。


まずはいち早く手に入れた証言者の声をご覧下さい。
















申し遅れました。この「ごくとび」を企画した遠崎秀一と申します。

今、あなたはゴルフでこんな悩みを抱えていませんか?











今まで我流で勉強してきたけど行き詰ってしまった





使うドライバーにピンと来ず、しょっちゅう買い替えている





どうしてもチーピン癖が直らない・・・





スライス病で飛距離が出ない・・・





ボールのつかまる感触を得られていない





自然に“8の字スイング”をしてしまってなんだか恥ずかしい





オンプレーンからはずれてしまう





ドライバーを持つとついつい力んでしまう





スイングテンポがバラバラ・・・のような気がする





コーチや仲間に「体がスムースに動いてないね」と言われた





体重が後ろ足に残ってしまう





打ち急いで前足に突っ込み過ぎてしまう





静止して固まって始動できない





ついついワッグルを長くしてしまいプレッシャーを感じる





ついつい目標方向より右に向いてしまう





実はスイングするとよろけてしまって情けない





バックスイングを何処まで上げればよいか解からない





「ヘッドを返すと飛ぶ」と思っている





スタンス幅がわからなくなった





極端なオーバースイングになる





ボールを置く位置がわからない





軸がぶれてしまう











きっと思い当たることがあるでしょう。
お恥ずかしい事に、これらの欠点は私がこれまでに体験して悩んでいたものばかりなのです。
この“秘訣”を知るまでは・・・。


ここで、私の経験を少し話させてください。
以前の私の練習方法は、本を読んだり先輩の真似をしたり。我流とはいえ、熱心に練習した甲斐もあって飛距離もそこそこ出ていました。そして夢のアンダースコアを目指すために、
「もっと楽にバーディーやイーグルが取れるようになりたい」ドライバーの飛距離が出ればセカンドで握るクラブの番手が下がり、楽な展開でゴルフが出来る・・・と考えたのです。
そこで我流の練習を繰り返していたのですが、ある日突然スランプに陥ってしまいました・・・。あれだけ練習したにもかかわらず、飛距離は出なくなる一方。おまけに右に左に曲がり始め、大タタキのあげくスコアも散々。あんなに楽しかったゴルフなのに、悩んでばかり・・・本当にしんどい時期があったのです。
「どうして、思い通りに飛ばないのだろう」我流を捨て、レッスンプロにアドバイスを頼んでみたり、ゴルフ雑誌に載っているいろんな練習方法に手を出したりしましたが、どんなに努力しても、一向にスランプから抜け出せる気配はありませんでした。
「こんなに練習しても上手くならないなら、いっそゴルフをやめてしまえば気楽になれるかも」たかがゴルフと思われるかもしれませんが、そこまで思い詰めてしまうようになったのです。
そんな自信喪失のどん底だったある日。知人から「ドラコンという競技があるので、気晴らしに出てみたら?」と声を掛けられたのです。
・・・・ドラコン?
「ティーショットの飛距離を競うゴルフの競技だよ。一般の人も気軽に参加できてプロの選手とも戦える競技で、世界選手権もあるんだぜ」
初めて訪れたドラコン会場。飛ばしのプロ達が打ち出すボールは、350ヤードを軽々越えていきます。好調時は260ヤードを飛ばしていた私も、その飛距離にはぶったまげました。

 最初の公認記録証明書262Yの画像



どうしてあんなに遠くへ・・・しかも正確に飛ばせるんだろう?
自分のスランプの事も忘れ、その事で頭がイッパイになりました。
いてもたってもいられず、その大会で優勝したプロにアドバイスを求めたのです。そのプロは、素人の突然の申し出にもかかわらず、私の話を真剣に聞いてくれました。そして私のスイングを見るなり、「ココとココを直して、少しココに気をつければいいんじゃないかな」
この瞬間から、私の人生が変わりました。
以後、アドバイスを肝に銘じて実践していくうちに、みるみる自分が変わっていくのを感じました。プロのたった一言のアドバイスで、
飛距離は最高106ヤードも伸び、平均しても以前より60ヤード以上飛ぶようになったではありませんか!

 実践後の公認記録証明書368.5Yの画像

もう決して若くない40代半ばの私が、まだまだ飛距離が伸びているのです!一時期の悩みが嘘のように消え去り、いつの間にかスランプはおろかスコアも改善。夢だった70台がポンポン出るようになり、ゴルフが前よりいっそう楽しくなりました。
私はプロによるアドバイスのスゴさを、身をもって体験したのです。復活のきっかけをくれたドラコン大会にも積極的に参加し、今では予選を通過するほどの飛距離を手に入れることができました。そして・・・・
報知新聞社主催の年代別ドラコン選手権に参加し、
40歳の部で何と、念願の初優勝をすることが出来たのです。

 スポーツ新聞掲載記事

そんな私の実体験が、この『ごくとび』DVDであなたも体験できます。今回このDVDの企画制作を考えたのは、トッププロのアドバイスを聞くことで、
私でも簡単に飛ばすことが出来た喜びを、あなたにもぜひ知っていただきたい!と思ったからです。
そして一般の人も気軽に参加でき、プロの選手と戦える「世界ドラコン選手権」という競技があるのを、折角ですので知って頂きたいのです。
年間25試合位あり(各地方で開催)、これは現在の男子ツアープロ競技と同じ位の試合数で、1球にかける想いの本当に熱い人間ドラマがあるのです。
自分が取り組んできた成果が出た喜び、負けた時の悔しさ、ナイスショットが出たときのギャラリーの歓声、湧き上がるような充実感、腹の底から雄叫びをあげたくなる選手の気持ちなど、一度会場に見に行って、今まで見たことのない打球の速さ、高さ、打球音などの迫力や緊張感を感じて頂きたいものです。
ただ飛ばすだけの競技ではないのです。左右幅40Yの中に落下させてその中で止まらないといけないのです。
300Y先の40Yの幅ですよ。それはかなり狭く見えます。しかし、それをトッププロはさらに左側、右側と意識して枠の中に入れてきます。
半分とすれば20Yですよ。それだけの幅に入れてくる技術があるのです。それだけ狙ったところへ飛ばす技術が必要になるのです。
それを日夜研究し、実践しているのです。
その飛ばすための秘密や、狙ったところへ打てるノウハウを知りたくないですか?

もうお判りですね。
遠くに飛ばすノウハウ(秘訣)は、実在するのです。

「なんか、ずいぶん飛距離が伸びたんじゃないの?」ゴルフ仲間に言われるたびに、私は飛ばしの感動に満足し、ゴルフライフを楽しんでいました。そしてある時、知人が私の“飛ばしの秘訣”を是非教えて欲しいと懇願してきたのです。
最初は迷ったのですが、彼も私が実践していることを実行するとどうなるのか興味がわき、ちょっと伝えてみると、すると、今までまったく飛ばなかった彼ですが(失礼・・・。)、ショットの音から変わり、ボールが一直線に青空に吸い込まれていったではありませんか。
あの時は彼の人生のなかで一番ボールが飛んだ瞬間だったのではないでしょうか。本人はおろか私もその効果に大変驚いたものです。
そんなこともあり、「以前の自分のように飛距離に悩んでいる人達に、飛ばすことの楽しさを伝えたい!」その想いが日に日に強くなっていったのです。そしてある日、大会参加を通じて知り合ったドラコン界のトッププロ達に恥を忍んで懇願しました。
「ボールを遠くに飛ばすことの感動や充実感。そしてドラコンという競技の面白さを世間に広くお伝えしたい。飛距離が伸びず困っているゴルフファンの為に、あなた達の飛ばしの秘訣を余すことなくすべて教えてください」
さすがに皆さん最初は難色を示されました。それもそのはず、プロにとって自分達の本気で作り上げた、飛距離向上の秘密を公開する事は「企業秘密をバラす」ことと同じなのです。思えば失礼なお願いでした。
しかしその時の私はあきらめませんでした。飛ばす事の楽しさや充実感を真剣に訴え、ゴルフファン全体の飛距離向上のお手伝いをしたい!スランプに陥り、飛ばすことの出来なかったあの日の私のような人を助けたいのです!
最初は怪訝そうな顔をしていたプロも私の話に徐々に耳を傾けてくれ、遂にその話をお伝えする機会が得られたのです。
ドラコン大会に出場するトッププロ選手の8名が、あなたに飛ばしの秘訣(=極意)をお伝えする
という約束を取り付けることができたのです。

あんなに遠くへ飛ばすのに、針の穴に入れるような正確なビッグドライブを自分のものにする・・・・。
私が教えを仰いだドラコン界の神と呼ばれる8人のプロをあらためてご紹介します。
福本大象プロ、小池丈晴プロ、南出仁寛プロ、山田勉プロ、児玉克彦プロ、和田正義プロ、加茂靖倫プロ、小達敏昭プロ。

 プロ8人の執筆記事&飛距離の掲載雑誌例


正真正銘、飛ばしのエキスパート8人が、日夜研究して日本一になった技術やゴルフに対する考え方、日々の生活リズムのほか、簡単に取り入れられるトレーニングなど、数多くの“飛ばしの極意”を特別に公開していただき、完成したDVDが『ごくとび』なのです。

「本やビデオを見ても全然変わらない」
「本当の飛ばし方を身に付けたい」

8人のプロは体型も様々、教え方や理論も様々です。その中から自分にピッタリ合うもの、しっくりくるものを何度も見返してください。一般的で画一化したレッスンに、あなたが無理矢理合わせる必要はありません!あなたに合うプロをあなた自身が選べばいいのです。『ごくとび』なら、それが可能です!


商品内容とプロフィールを紹介します。












2007年 LDA世界ドラコン選手権 日本大会決勝 準優勝
2006年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 決勝大会 準優勝
2006年 LDA世界ドラコン選手権 日本大会決勝 準優勝
2005年 LDA世界ドラコン選手権 日本大会決勝 優勝
 強いボールが打てるグリップの握り方
 肩が先行するスイングは
 タメの必要性とは
 フォローでは腕は振らない
 本当の身体の使い方
 スイング中の肩のポジションとは
 スイングの修正には








2007年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 東海ブロック 第3位
2006年 ドラコンワールドカップ 日本代表 第4位
2005年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 関東ブロック 優勝 
2002年 アイフルチャレンジCUP 第3位 (男子プロゴルフツアー競技)
 飛ぶアドレスとは!?
 飛ばすためのスタンスは
 円の大きさを意識する
 パワーを伝えるスイングとは
 トップでの切り返しはどこか
 遠くに飛ばすためのもっとも大切なことは
 ゆっくり身体を使う練習とは








2008年 LDA世界ドラコン選手権 大阪予選 優勝
2007年 LDA世界ドラコン選手権 大阪予選 優勝
2006年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 決勝大会 優勝
2006年 LDA世界ドラコン選手権 日本大会ブロック予選
 フォローでさらに飛ばす方法
 飛ばすためのティの高さは
 テンプラが出る理由とは
 飛ばす時の体重配分は
 ヘッドスピードを上げる脳の作り方
 日常での時間の有効活用
 非力な方でも飛ばせる方法とは








2008年 LDA世界ドラコン選手権 静岡予選 優勝
2008年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 東海ブロック 優勝
2007年 第1回 L-1グランプリ プロの部 優勝
2005年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 決勝大会 優勝
 スムーズにスイングするためには
 スイング中は何を考えているか
 ティーグランドでの考え方
 背が高い人のアドレスは
 インパクトでは野球の投げるイメージで
 日頃から動かしておきたい部位とは








2007年 LDA世界ドラコン選手権 日本大会決勝 優勝 
2007年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 関東ブロック 優勝  
2006年 ドラコン王への道  優勝  初代ドラコン王  
 強いインパクトを作る
 一番力が伝わる形とは
 間違った手の返し方
 バランスのよいスイングとは
 飛ばすためのフィニッシュ
 体重移動を覚える練習ドリル
 飛距離を伸ばすための意識とは








2007年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 決勝大会 第2位  
2007年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 関東第二ブロック 優勝  
2006年 LDA世界ドラコン選手権 日本大会決勝 優勝 
2006年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 関東第一ブロック 優勝
 大きな体格でなくても飛ばせるポイントとは
 背の低い方とかは高く大きく構える
 自分の手の長さを最大限に使うためには
 上半身の柔軟性を簡単に作るには
 ラウンド前にやっておきたいこと
 瞬発力を作るトレーニングとは
 3つの要素に重要なのは腹筋!?








2007年 LDA世界ドラコン選手権 福岡予選 優勝
2004年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 決勝大会 優勝 
2003年 LDA世界ドラコン選手権 日本大会決勝 優勝
2000年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 決勝大会 優勝 
 ユルユルグリップの作り方
 アドレスでの体重の掛け方は?
 シャフトの硬さと使い方
 しっぺの原理とは
 「上から左へ」が飛ぶ
 早く振る筋肉は持続して記憶しない








2006年 ゴルフダイジェストドラコン日本選手権 東海ブロック 優勝 
2006年 LDA世界ドラコン選手権 秋田予選 優勝
2001年 JCBクラッシック仙台 優勝 (男子プロゴルフツアー競技)
1993年 ヨネックス広島オープン 優勝 (男子プロゴルフツアー競技)
 手元の角度は150度
 背筋は一本のラインで
 切り返しのタイミングは一本足で
 右手が左手を追い越す
 左右対称で
 実は右足の使い方が重要
 ローテーションを意識して練習する










「誰よりも飛距離をたたき出す」ことにおいて、日本中どこを探してもこれだけのメンバーは揃えられません。













ゴルフ飛距離改革「ごくとび」パッケージを紹介
DVD収録時間:なんと127分!!


もう説明は不要かもしれませんが、この「ごくとび」を見てあなたが得ることの出来るメリットの可能性をまとめてみます。









今まで飛ばしたことのない飛距離が手に入る!





ゴルフコンペに参加してドラコン賞を取る事が出来る!





長年勝つことが出来なかったライバルに勝てる!





バーディーがポンポン取れるようになる!





所属コースのメンバーに「飛ばし屋」と言われるようになる!





方向性もよくなり、狭いコースでも自信を持って打てる!





練習場で沢山の視線を浴び芸能人かヒーローになった気分になる!





バラツキの幅が減りOBが少なくなる!





いきつけのクラブの女の子達にモテる!





石川 遼君になった気分になれる!





イーグルチャンスがどんどん増える!





息子をオーバードライブすることが出来る!





以前より飛距離がアップしスコアも結果的に良くなる!





新聞や雑誌にも掲載される!





ドライバーを良く買い換えていたが、落ち着いてくる!





好きな女の子の見る目が変わってくる!





フォローでさらに飛ぶようになり、さらに飛距離が伸びる!





セカンドショットを誰よりも最後に打つ優越感に浸れる!





レッスン代などの費用や時間が抑えられる!





なじみのキャディさんからも「飛ばし屋ね~」といわれモテる!





プロのような美しいスイングフォームを手に入れることが出来る!



















如何ですか?プロ中のプロの飛ばし屋が何年もかかって会得した技術や極意を惜しげもなく公開しているのです。このDVDを見てその極意を是非、あなたのものにして下さい。
でも「ごくとび」は、ただ単にDVDを売るだけの企画ではありません。「遠くに飛ばしたい!」という熱い気持ちを持って、一緒に“飛ばすことを極める”仲間を募る情熱ゴルフ飛ばし屋養成プロジェクトなのです!!
ただし、1つだけお願いがあります。
真剣に飛距離で悩んでいる人に見ていただきたいものですから、
申し込みだけして実践しない人
冷やかしなどで購入される人

は、今回のご購入はお見送り下さい。



巻末には、これまで誰も見たことのない映像
8人のトッププロ座談会~ここだけの話!の模様も収録。これだけでも一見の価値あり!です。


「ごくとび」DVDの価格は、24,800円です。
しかし今回は、ある簡単な約束をしてくれるなら、さらに特典をおつけしてお試しいただけるようにしました。その「簡単な約束」とは何かをお話しする前に、あなたにいくつかの特典をここで紹介させてください。


























第6回世界ドラコン選手権 日本大会~広島予選~(60分)平成20年8月9日(土)広島紅葉カントリークラブにて開催飛距離に自信のあるゴルファー達が集う、飛ばしの祭典!




















裏面にあなたのお名前が入る、世界にひとつだけのオリジナル商品です。購入者のあなた様のお名前を入れてお届けします。
※バッグタグの色は、写真に掲載している黒のほか、白、ピンク、青の計4色があります。お届けする色のご指定はできませんので、ご了承ください。




















裏表でボールのデザインと「ごくとび」ロゴのリバーシブルです。
ボールデザインの面には、こちらもバッグタグと同様に、あなた様のお名前を入れてお届けします。








 










プロのサインが入った8色のサインタオルのうち1枚をプレゼント。汗を吸いやすく、ラウンドに携帯したい一枚。




















ドラコンについての最新情報や大会情報。プロによるさらなる飛ばしのテクニックを公開します。
※当社の都合により、予告なく配信を終了する場合がございます。ご了承ください。





















そして、そして!今回の「ごくとび」は、飛距離アップに真剣に取り組むあなたが、
「このDVDを見たビフォーアフターの飛距離を教えてくれる」と約束してくれるなら・・・「ごくとび」DVD(通常価格24,800円)に、特典を加えた合計価格50,300円相当のところを、 特別価格24,800円でご提供することに致します!!!
本気で飛距離アップを願うなら、今回のチャンスを絶対に見逃さないで下さい。




















2006年・2007年「世界ドラコン選手権」を体験した
児玉克彦プロと和田正義プロのイケメン特別対談DVD。
世界トッププロを間近で見て感じたこと
女性ゴルファーが飛ばす為には・・・ジュニアゴルファーに対しても熱く語った内容の濃いものです。


















先着300名限定!今すぐお申し込みください。



有名コース1ラウンド分の金額で、飛距離アップの極意を手に入れられます。想像してみてください・・・







圧倒的に飛距離アップしたあなたを





綺麗な放物線を描き、真直ぐ飛んでいるボールを





誰よりも力強くグングン伸びているボールを





今まで負けていた仲間より20Yも30Yも先にいるあなたを





コンペの表彰式にドラコン賞であなたの名前を呼ばれることを





みんなから「飛ぶね~」と言われる優越感を





今までよりバーディーが取れる数が多くなったあなたを





イーグルチャンスにめぐり合うことが多くなったあなたを





コンペで優勝しているあなたを







是非とも積極的に取り組んで、このDVD「ごくとび」を
あなたの飛距離改革にお役立てください。

ゴルフ飛距離改革研究所 所長




ご注文は24時間いつでも承っておりますが、土・日・祝は弊社休業日となっております。
休業中のご入金確認、商品発送につきましては、翌営業日以降の対応となります。ご了承ください。

















発売元:株式会社プラスワン     特定商取引法に基づく表記     プライバシーポリシー










 









var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));


try {
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-9577774-1");
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}




詳細を見る
pr 月収30万のほったらかしアフィリエイト
スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 12:10:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

【世界最新ゴルフ上達プログラム】

膨大な量の実際に使える超実践的な護身術を紹介。



【世界最新ゴルフ上達プログラム】




function utmx_section(){}function utmx(){}
(function(){var k='3554413374',d=document,l=d.location,c=d.cookie;function f(n){
if(c){var i=c.indexOf(n+'=');if(i>-1){var j=c.indexOf(';',i);return escape(c.substring(i+n.
length+1,j























世界最新ゴルフ上達プログラム















いつでも同じようにボールがまっすぐ飛ばせて、
しかも飛距離が出るスイングとは・・・
このサイトは、ゴルフのスコアがなかなか良くならないと悩むあなたのために作成しました。練習場で何も考えずにゴルフクラブを振り回していてもゴルフは上手くなりません。
スコアアップのためには、正しい理論に基づいたスイングに
改善するのが最も効果的です。
世界最新の左一軸スイングを身につけた人は…

スライス、フックが無くなり、まっすぐ飛ぶようになりました。
飛距離が10~50ヤード伸びました。
結果的にスコアが大幅にアップしました。
いつでも同じスイングができるようになりました。

このようなことを書くと、うさんくさいと思われるかもしれません。
しかし、これは既に全世界で3,000人以上が経験しているまぎれもない事実をそのまま書いているだけです。
もしあなたも、「ボールが曲がってしまう」「飛距離が伸びない」と悩んでいるのであれば、
このページを読み進めてみてください。
このページを読めば、知らず知らずのうちに世界最新の
左一軸スイング理論を吸収できるように書いてあります。







※注意
これからまっすぐ飛ばせて、しかも飛距離が出る左一軸スイングをお教えしようと思いますが、
読まない方がいい方がいます。
それは、頑固に昔のことに固執して、新しいものを受け付けない方です。
新しいことを受け入れる気があり、真摯にゴルフ上達を願う人だけお読みください。


日本人が知らないゴルフスイングで、
全世界で既に3,000人以上がスコアアップ
させています。


今までの常識と180度違うスイングですが、実践した人からは
「スライスが無くなりました」
「球筋が良くなり、飛距離が伸びました」と、
喜びの声が届いています。







80台のスコアが普通に出せるようになりました
ベストスコア 103→85
東京都 佐竹 吉信さん(50歳)
左一軸打法を知るまでは、自己流も良いところで中途半端なことをやっていました。体力がある方ですし、背も高いことから力任せのゴルフでもドライバーはある程度飛んでいました。
しかし、
問題は正確性、再現性が全くなっていなかったことです。
この左一軸打法に出会い、
一年余り試行錯誤しながら自分なりに考えながらやって来ました。
おかげさまで、やっと80台のスコアーが普通に出せるようになりました。
長いクラブの安定度が増し、ドライバーショットが非常に得意になりました。
スウィングの再現性が高まったことでこんなにゴルフが楽しくなるものかと
改めて実感している毎日です。
ありがとうございました。












仲間から「最近調子いいね!」と言われます
平均スコア 87→82
東京都 阿川 茂さん(62歳)
還暦を迎えた頃から急激にゴルフの質が低下しました。
ドライバーが飛ばない、アイアンがフックする、シャンクが出る等でピーク時のHC9(40歳~50歳代)から徐々に下がり始め現在はHC16になってしまいました。
何とかしたいとクラブを変え、レッスン書を買いあさり、練習場に通いましたがなかなか改善しませんでした。
そんな時、たまたま小池先生のHPに出会いオジーのスウィングと理論を見て、今まで自分がやってきたゴルフと何か違うなと思いました。
そこでDVDを購入し左一軸打法を学び、小池先生のレッスンを受けたことで、
そのあとの月間平均スコアが82.4と前月の平均87を大きく上回りました。
何が変わったのか・・
ドライバーが20ヤード伸びた、アイアンの方向性が良くなった、
そして何より改善した理由(左一軸打法の理論)が理解できたことだと思います。
いつも一緒の仲間たちから「阿川さん最近調子いいね」
と言われて大変うれしい思いをしています。
小池先生には「まだまだだ」と怒られそうですが、
私の目標である小池先生に一歩でも近づくために努力を重ねて行きます。












過去に購入したレッスン書は全部捨てました
ベストスコア 94→87
神奈川 渡辺重信さん(69歳)
左一軸打法に出会ってつくづく良かったと思っています。
この打法を知らなかったら練習の回数も減り、ラウンド数も徐々に減ってゴルフをやめていたかも知れません。
退職後本格的にゴルフを始め、レッスンプロの指導を受けたり、○○打法といった本やDVDで研究し、
ゴルフ雑誌も読み漁りました。しかし、いっこうに上達せず100前後のスコアが続いたままでした。
結局、曲がらず飛距離がでるとの
宣伝につられて、クラブを買い換えるの繰り返しでした。
しかし、この一軸打法は合理的で単純な動作で自然に捻転差ができ、
左股関節を軸に身体をまわせば、腕は腰につられて振られ、
真っ直ぐに番手通りにボールが飛んでいきます。
最近練習場では100ヤードの小さな看板に何発当てたかを励みにしています。
練習している人の90%はフォローからフィニッシュが決まらずお世辞にもスマートなスイングといえません(以前は私もその一人でした)。
左一軸打法では何の意識もせずにこれがピタリと決まります。
過去に購入したレッスン書は全部捨てました。
いつまでも格好よいゴルフを続けるため練習に励んでいます。










「なんでまっすぐ飛ばないんだ!」
ティーショットを打った瞬間、大きく曲がって林の中へ。一打目からOBです。
打ったゴルファーは悔しさのあまり、クラブを地面に叩きつけんばかり。
「なんで練習場のように、まっすぐ飛んでくれないんだ・・・」
がっくり肩を落として、友人のナイスショットをうらめしそうに見つめます。
あなたも、こんな経験ありませんか?
しかし、ボールが曲がるのは当然のこと。
なぜなら、今の日本では古い常識が当然のように信じられているからです。
・体重移動が一番大事だ
・回転を速くしてボールを飛ばせ
・肩を大きく回して勢いをつけろ
などなど。
こんな間違った常識を信じ、ゴルフがうまくならないと嘆くゴルファーがなんと多いことか。
ボールが曲がったり、スコアが大崩れするのは
あなたのせいではありません。
間違ったゴルフ理論を堂々と垂れ流す雑誌やテレビ、
そしてゴルフを教える立場の人々が悪いのです。





いつもの練習場。
いつもの場所。
いつも通り打席に立ち、私は球を打っていました。
違ったのは、一人の男性が、声をかけてきたことです。
「あの、もしよかったらスイングのご指導いただけませんか?」
聞いてみると、声をかけてきたその男性の職業は、
ゴルフのレッスン・プロだと言うではありませんか。
プロなら、もう他人に習うことはないはずだと、私は丁重にお断りしようとしました。
ところが、よくよく話を聞けば、
「私がゴルファーをダメにしたんです」と言わんばかり。
今までのゴルフ理論を教えていいのか、自信がなくなったというではありませんか。
彼が言うには、



× 日本で常識となっているゴルフ理論は個人の経験、体験がもとになっているものが多く、
 正しい理論に裏付けされたものではないこと。
× 机上の空論が多く、正しく実践できるものはほとんどないこと。
× いろいろな情報が氾濫していて体系的にスイングを学べるところがないこと。


そうしてそのレッスン・プロはかねてから日本のゴルフ理論に疑問を抱いており、
自信を持って教えることができなかったそうです。
このレッスン・プロはわかっていたのです。
今までの日本のゴルフ理論は、ウソが多いことを。
そして、海外の、ある伝説のゴルファーから習ったスイングを実践する私を見て、
「飛んで曲がらない」このスイングが今後の主流になることを見抜いたのです。


自信を持って生徒へのコーチングが出来るようになりました
千葉県 ゴルフレッスンプロ Tさん
小池先生との出会いは、あるゴルフレンジでした。
そこで小池先生の「ボールが曲がらない」スイング理論をお伺いし、
ご指導をお願いすることになりました。
この理論とは、クラブにボールが当たる前後のフェイス面を意識したもので、
手首を使いすぎず、無駄のない動きをするというものです。
私自身、ゴルフ歴は19年、ゴルフレッスンのコーチをしておりますが、
小池先生の理論を学び、自分の技術となった現在は、
自信を持って生徒へのコーチングが出来るようになりました。
常に新しく変化していくスイング理論を日々研究し、
ご指導くださる小池先生の取り組みと努力は、心より尊敬しております。
今後も進化する小池先生のスイング理論を学び、ご指導賜りたいと思っています。





はじめまして、小池幸二と申します。
慶応大学卒業後、テレビ局のTBSを経て、オージー・ゴルフ・ジャパンLLPの
代表をつとめ、レッスン・プロやアマチュアゴルファーにゴルフを指導しています。
私は今でこそ、そこそこの結果を残せていますが、
162cm、握力25kgと体格にめぐまれず、
かつてはゴルフ上達をあきらめていました。
ところが、現在では、オージー・ゴルフ・ジャパンLLPの代表として
レッスン・プロにスイングを指導するまでに上達しています。
どうして私はゴルフが上達したのか。
なぜ、私に習った生徒は、次々に結果を出すのか?
今、あなたに公開しようと思います・・・。





私はTBS(テレビ局)に勤めていた関係で、
海外の有名なプロゴルファーと接することもありました。
ジャック・二クラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等、
世界一流プレーヤーのレッスンTV番組をプロデュースし、
一流ゴルファーのスイングを間近で観察する機会に恵まれました。
確かに、欧米人の恵まれた体格をさっぴいて考える必要はありますが、
海外のゴルフ理論は、きちんと根拠に裏付けされたものが多く、参考になるのです。

それに引き換え、日本のゴルフ界には、自分の経験、体験をもとに指導する人が多く、正しい理論に裏付けされたものはほとんどありません。
しかも、トーナメントプロとして活躍して自分自身で実践し、
なおかつ、誰にでも教えられる指導方法をマスターしているという、
この2つを満たす人が見当たりません。
多くのゴルフ雑誌やホームページでゴルフ理論を目にすることがありますが
それぞれが異なったことを言っており、体系化して学べる環境がありません。
私は日本のゴルフ界の未熟さにがっかりしながらも、色々な方法論を取り入れながら
これまでに100回以上、スイング改造をしてきました。
その結果、草津カントリークラブと東京湾スプリングスで合計5回、
クラブチャンピオンを達成したこともあります。
こうして自分が上達した経験をもとに、ゴルフ仲間に指導し、
一定の成果をあげていましたが、もっと効果的で画期的な
指導方法はないかと、つねづね探していました。
すると、アマチュアゴルファーでも驚くほどゴルフが上手な国が
たった一つだけありました。
それは、アメリカやイギリスではなく、オーストラリアでした。





私はかねてから、オーストラリアのゴルフのレベルの高さに注目していました。
世界ランキング1位を通算331週保持した伝説のゴルファー、
グレグ・ノーマンを輩出した地でもあり、
石川遼選手が57位に入ったことでも話題になった2009年の世界ランキングで
8位にランクインしたジェフ・オギルビー。
そのほか、「女性版タイガー・ウッズ」と呼ばれるカリー・ウェブや
「ホワイト・タイガー」と呼ばれるアダム・スコットなど、
多くの優秀な選手がオーストラリア出身です。
それだけでなく、アマチュアゴルファーのスイングも日本と比べて
格段にすばらしく、ぜひその秘密を知りたいと思っていました。
そこで、プレーヤーとしてオーストラリアツアーで賞金王に輝き、コーチとしても5年連続トップインストラクターに選出されている、
プレーの腕も指導の腕前も一流の、カリスマコーチのところに
ゴルフを学びに行くことにしました。





彼の名は、オジー・モアと言います。
トーナメントプロとして賞金王に輝き、レッスン・プロとしても
5年連続トップインストラクターに選出された
海外では超有名なプロゴルファーです。
ゴルフを習うなら
彼を置いてほかにはいないと言える逸材です。

◆オジー・モア(Ossie Moore)◆
1985 豪州ツアー賞金王、プロ5勝、全米オープン他メジャー6回出場。
片山晋呉プロを輩出したアズメディアゴルフアカデミーの、
オーストラリア校チーフインストラクター。
豪州ツアーとヨーロッパツアーのテレビ中継をするフォックススポーツ
(スポーツ専門チャンネル)ではコメンテーターを10年以上務めている。
週一回放送のゴルフ30分番組の中のレッスンコーナーも担当。
三次元のコンピューター技術を活用して、パワーと方向性の両立した
合理的なスイング理論を研究。
彼のレッスンを受けたいという生徒が世界中から集まり、
オーストラリアゴルフダイジェストが選ぶ
トップインストラクター50人に5年連続選出。
指導を受けた生徒は「飛んで曲がらない」スイングで
大幅なスコアアップを経験している。

私は古い日本のゴルフを捨て、圧倒的な結果を出している
オジーのスイングを盗むために、オーストラリアに留学を決めました。
ところが、いざオーストラリアに渡り、彼のレッスンを受けてみると、
彼の言うことにはびっくりさせられてばかりだったのです。
例えば、、、
「体重移動が大事だ、なんて言っている人いるけど、
困っちゃうよね、ウソ教えられちゃ。まさか、信じてないでしょ?」
なんて言うのです。





両足でバランスよく構えて、テークバックで右に体重を移し、
インパクトの時には左足に体重を乗せて打つ。
これが常識ですよね?
でも、オジー・モアは
「体重移動してはいけない」なんて言うのです。
体重移動しなければボールが飛ばないだろう。
そんなことも知らずに、ゴルフのレッスンをやっているのか?
私は一瞬、不信感をいだきましたが、私が参加していたプログラムは、
日本からプロの選手も習いに行くほど、クロウトの間で評判になっていた学校です。
ましてや、コーチはあのオジー・モア。
きっと、何かワケがあるのだろうと、いったん自分の考えを胸にしまいました。
そうしてオジー・モアが打つのを見てみると、
彼の打つボールはことごとくまっすぐ飛びます。
狙った方向に吸い寄せられるように一直線に、しかもよく飛ぶのです。
そんな彼のスイングを見たら、確かに体重移動しているようには見えない。
ムダの無いスイングで、いともラクそうに振っているのです。

オジー・モアのスイングをご覧ください↓
動画
※再生ボタンをクリックで動画がスタートします。
※音声が流れますのでボリュームを確認してください。

これは何か秘密があるに違いない、と思った私は、
彼の話を注意深く聞いてみました。





オジー・モアが言うには、
体重移動こそが、ボールを曲げる要因になるということでした。
まっすぐ飛ばすためには、インパクトのときにフェースがターゲット方向を
向いている必要があります。
猛スピードで振り下ろされるクラブヘッドをコントロールし、
フェースをまっすぐに保つのは、ただでさえ困難です。
これに体重移動が加わるとなると、体が大きく左右に揺れることになり、
インパクトの瞬間をコントロールすることは至難の業。
タイミングが少しでもズレると、ボールは大きく右か左に
曲がってしまうことになります。
なるほど、確かにゴルフは長いクラブで小さいボールを打つもの。
当たる瞬間のフェースの角度を調節するというのは針の穴に糸を通すような、
非常に繊細な作業が要求されます。
もし自分が一生懸命、針に糸を通そうとしているときに、
隣の人に椅子を揺らされたら、糸を通せるはずがありませんよね。
ゴルフで体重移動をするということは、わざわざ自分で体を揺らし、
当てにくくしているのと同じこと。
フェースがまっすぐにならず、ボールが曲がってしまうのは当然のことなのです。
オジーは続けました。
「構える時に、最初からほんの少し、左足加重で構えてみてください。
左足に55%ほど体重が乗るイメージです。
インパクトの瞬間はどのみち左足加重になるのですから、最初からそうしておくのです。」
なるほど、どうせなら最初から左足に体重を乗せて構えておいて、インパクト時の状態にしておけ、ということのようです。

オジーの構え。左足加重になっているのがわかります。
日本で言われているのとはまったく異なる構え方ですが、オジーの言うままに、
私は構えてみました。
2、3球打ったころはどうしても違和感があり、なかなかうまく飛びませんでした。
しかし、5球も打ったころになると、ぶれることが少なくなり、
芯に当たってまっすぐ飛ぶ確率が格段に上がるのを実感しました。
私は、オジーの理論を信じてみようと思い始めていました。
すると彼はまた、驚くようなことをいいました。





腕をくっつける?
打ちにくくてしょうがなさそうだけどと思いながら、話の続きを待っていました。
オジー・モアのスイングを見る限り、一般的なスイングよりずっとコンパクトで、
楽に振っているように見えるのにまっすぐよく飛んでいたからです。
彼の話はこうでした。
多くのスイング理論は腕を振って腰を回すスイングですが、
このスイングは非常にミスが生まれやすいとのことです。
というのも、腕と腰が動くタイミングを一致させなければいけないからです。
もし、腕が先行してしまえばフックになり、腰が先に出てしまえばスライスになります。
別々の部分を別々に動かすのに、そのタイミングを完全に一致させるのは、
かなりの練習を積んだプロでも難しいことです。
なるほど、確かにそうです。
まったく違う2つの動きを同時にやろうとするのは、かなりの困難がともないます。
(左手でひらがなを「あ」「い」「う」と順番に書き、
同時に右手で数字を「1」「2」「3」と順番に書くのは難しいですよね)
調子が良い日にはまっすぐきれいに飛ぶけれど、日によって飛ぶ方向が違ったり、
ラウンド中に大きく崩れることがあるのは、腕と腰の2つのタイミングを
毎回一致させるのが難しいということに原因があります。
だったら、2つ別々に動かすのではなく、くっつけて1つにしてしまえ
という発想です。
つまり、ダウンスイングのときに右腕を体に密着させて、
腰で打ち抜くようにすればいいのです。
体の部分で最も鈍感(どんかん)な腰を積極的に使う一方、
最も敏感(びんかん)な腕を脇に付け、腕の動きを押さえることによって、
いつも同じスイングが出来るようになるということです。
私もそのスイングをやってみましたが、やはり最初はちぐはぐな
動きになってしまいました。
ところが、5球も打ってみると、コツがわかってきました。
腕を体にくっつけるというのは、右脇を閉じるようなイメージでやれば
スムーズにできるのです。
私はそれまでボールが芯に当たるのは偶然にしかすぎませんでしたが、
これを覚えてからは毎回安定的にヒットでき、
気持ちよくまっすぐに飛んで行く確率が大幅に上がりました。
しかも、この打ち方は手の力で打つのではなく、
体の中の大きな筋肉(体幹)を使って打つため、
コンパクトなスイングなのに飛距離が大きく伸びるのです。
ここまでのレッスンで、私はすでに自分のスイングが
大きく改善されたことを実感していました。
ここまでに打った球数は50球にも満たないと思います。
たったこれだけのレッスンで上達するんだから、
全部身につけたら以前とはまったく違ったゴルフができるに違いない。
なんとしてもオジーのスイング理論をすべて習得して帰るぞ、
と私は前のめりになってオジーの言葉に耳を傾けていました。





オジーは言いました。
「ボールが曲がってしまうのは、身体のぶれ、タイミングのずれなどで
スイング時にクラブヘッドが狙ったコースを通らないからですね。」
なるほど、確かに思ったとおりにスイングできれば、
狙った方向にボールは飛ぶでしょうね。
オジーは続けます。
「クリーンヒットし、まっすぐ飛ばすためにはスイングのときに
クラブが毎回決まったコースを通ることが必要です。」
そうですね。毎回同じ軌道でスイングできれば、いつも同じ球筋が出るでしょう。
ここまでは、素直に合点がいきました。
ところが私は、次の言葉に耳を疑いました。
なんとオジーは、次のように言ったのです。
「そのためには、左の股関節(こかんせつ)を『軸』にするのが
良い方法です。」
左の股関節を軸に? 一体どういうことなのか?
軸というと、一般的には身体の中心である背骨を軸にすると良いと言われています。
ところが、オジー・モアは、左の股関節を軸にすると言いました。
私は英語の解釈が間違っていないよな、と確認をしながら、
やはり確かにオジー・モアは左の股関節と言ったのだ、と驚いていました。
左の股関節を軸にするとは、一体どういうことなのか?





私はここからがこのスイング理論のキモだと直感し、オジーの話を
一言も聞き逃さないように注意深く聞いていました。
オジーが語ります。
「身体のどこに軸を作るかというと、左の股関節(こかんせつ)を上下にとおる線を
軸にするのです」
なるほど、左の股関節を縦に通る線をイメージし、それを軸にするということ
だったのです。
「さらに」
とオジーは続けます。
「左股関節を軸にすると、芯に当たる確率がずっと高くなります。
というのも、左股関節を軸にすれば、インパクトゾーンが広がるからです。」
左股関節を軸にしたらインパクトゾーンが広がる?
また即座には理解できない話でしたが、オジーが図を描いて説明してくれました。
「いいですか?一般的なスイングを真上から見るとこんな軌道を描きます。」

「体の中心で回りますから、急カーブを描くわけですね。」
「そして、このライン方向に飛ばしたいとします。」

「すると、この位置でインパクト、つまりボールを打つわけです。」

「これだと、円と線がぶつかる、たった1点で当たったときだけ、
まっすぐに飛ぶことになります。」
「しかも、体重移動までしているわけですから、
この1点に合わせるのは大変難しいのです。
少しでもズレると左右にボールが飛びだしてしまいます。」
オジーは続けて説明します。
「これに対し、左股関節を軸にする場合、スイングの軌道はこうなります。」

「細かい説明は省きますが、先ほどよりゆるやかなカーブを描きます。」
「これに、ターゲットへ向いたラインを描き加えます。」

「するとどうでしょう?ここからここまでのゾーンで当たれば、
どれも芯をとらえてまっすぐ飛ぶはずですね。」

「このように、左股関節中心のスイングをすると、
体の中心で回転をするときよりもインパクトゾーンが長くなり、
高い確率でクリーンヒットできるようになるのです」
しかも、インパクトゾーンが長くなると、それだけスイングのパワーがボールに伝わり、
飛距離が大きく伸びるのです。
私はこの説明を聞き、なるほど、そうだったのか、と大きくうなずいていました。
今まで言われていた、背骨を中心とした軸だと、
狭い1点で打たなければいけませんでした。
ところが、左股関節を軸にすることによってストライクゾーンが広がり、
ミスの確率が圧倒的に少なくなり、飛距離も伸びるのです。
ゴルフは10回打って1回でも大きく失敗をすると、
その後のすべてが狂ってしまうことがあります。
1つのホールでティーショットを失敗し、そのあとガタガタに崩れてしまった、
という経験をしたことはないでしょうか。
ゴルフは、毎回確実に、良いショットが打てなければ
良いスコアに結びつかないのです。
そのためには、何度でも同じショットを再現できる必要があります。
それには、ストライクゾーンが広がるこのスイングは、
この上なく魅力的に映りました。
でもここで、ふと疑問がわいてきました。
軸が身体の左側にあったら、回転するとき、ふらふらしてしまうのではないか?
どう解決するんだろうと考えていたら、オジーが説明してくれました。
「一般的な理論では、腰と肩を『回転』させますが、
このスイングでは、『捻転(ねんてん)』、つまり捻る(ひねる)のです。」
私は耳を疑いました。
軸を中心にひねる?
回転をしてこそヘッドスピードがついてよく飛ぶのというのは常識なのに、
体をひねるだけでいいだって?





「回転させると、一見、スピードもついてよく飛びそうに見えますよね。
でも、実はひねったほうがよく飛ぶのです。」
オジーは続けます。
「ひねる動作は、身体の中の大きな筋肉(体幹)を動かすことになります。
体幹を使うことで大きなパワーを生みせるのです。」
なるほど、回転というのは実は体幹のパワーを生かしていません。
つまり、ひねることで身体の筋肉の力を十分に生かすことができるのです。
「捻転することで大きなパワーを生みだし、体に負担のかからない
コンパクトなスイングでありながらも風に左右されない重いボールとなって飛び出し、
まっすぐ遠くに伸びる球となるのです。」
なるほど、ボールを飛ばすには、回転をするのではなく、
腰と肩の角度差を大きくすることによる捻転が必要だったのです。
だから、いくら腕を速く振っても、回転スピードを上げても
実際にはパワーが出ないため、ボールが飛ばなかったのです。
今まで日本で試してきた100種類以上のスイング理論では、ここまで合理的に説明でき、
しかも実践できるものは何一つありませんでした。
ところが、今、目の前にあらわれたこのオジー・モアのスイング理論は、
思わず口をあけたまま大きくうなずいてしまうほどの説得力があり、
しかもオジー・モアがそのとおり実践しているのです。
こんなに曲がる確率が減り、しかもそれを何度でも再現できるスイングは、
これまでどんな本でも、どんなトッププロからも学ぶことができませんでした。
それが、オジー・モアというトップコーチによって、
いとも簡単に示されてしまったのです。





私は、なんとしてもこのスイングをマスターしなければならない、と思いました。
私はオジーの話を何度も頭の中で繰り返し、
左の股関節の軸をイメージしてスイングを練習しました。
すると、何回でもまっすぐ遠くへ飛ぶのです。
決してまぐれで良い球が打てるのではなく、
何度でも何度でも繰り返し同じ球が打てるのです。
これまで何百回、何千回とクラブを振ってきましたが、
ここまで気持ちよくボールを打てたことがあったでしょうか?
しかも、まっすぐ飛ぶだけでなく、飛距離まで出るようになり、
「捻転」の力を思い知らされました。
私を含め、オジーのスイングを身につけた人は例外なく、飛距離を伸ばしているからです。
また、このスイングは、安定性があるため、
コースへ出ても崩れることがありません。
さらに、このスイングはウェッジからドライバーまで同じスイングで打ててしまうのです。
私も以前はティーショットに若干の不安をかかえていましたが、
このスイングを身につけてからは思い切り飛ばせるようになりました。
日本のプロゴルファーの大多数が、フェアウェイキープ率60%に満たない中で、
オジーのスイングを身に付けた私は、
フェアウェイキープ率が80%を超えるまでになったのです。
私は、この素晴らしいスイング理論を、日本人が知らないのはもったいない。
そう思い、日本で広める決心をしました。





オジーのレッスンが終わってからも、自分のスイング確認だけでなく、
年々進化するゴルフ理論を習得するため、
私は2001年から毎年、計9回ほど、オ-ストラリアに留学しました。
特に、他の生徒へのビデオレッスンや、豊富なドリルを使った指導方法に立会って吸収し、
またオジーからもその指導のポイントを詳しく教授してもらいました。
その間、オジーから正式に許可を受け、オージー・ゴルフ・ジャパンLLPを設立。

そうして私はオジーのスイング理論を指導することになったのです。
オジー理論を会員さんに指導したところ、
「安定してまっすぐ飛ぶようになりました」
「フェアウェイキープ率が格段に上がりました」
「ベストスコアが90を切りました」
という声を聞くようになりました。
こうして私はこの理論が万人に通用することを確信するに至ったのです。
「コースに出るとボールが曲がってしまう・・・」
と未だに悩んでいる人がいるのを目にすると、私は、非常に心苦しくなります。
オジーのスイングさえ身につければ、
いつだってまっすぐ飛ばせるようになるのに。
ほとんどの日本人は、オジーのスイング理論を知らないだけなのだ。
だから、こんなに悩んでいるのだ・・・。
私は、とても大きな責任を感じているのです。
私がオジーのスイングを広めなければ、日本人はこのスイング理論を知らないまま
古い常識のもと間違ったゴルフを続けるのだ・・・。
私は、オジーのスイングを身につけてスイングが大きく変わりました。
スライスやフックが無くなり、飛距離も伸びました。
私がオジーのスイングを教えた会員さんも、全員が同じ経験をしています。
ということは、このスイングを身につければ、ゴルフが上達する、
いや、根本からゴルフを変えられると言うことができるのです。
オジーから私が教えてもらったスイングは最近、日本でも
左一軸打法として注目されてきています。
ただし、オジーのように体系的に左一軸打法を教えられる人を私は知りません。
あなたも、オジーの世界最新のスイングを身につけたいと思いませんか?





オジー・モアのスイングを身につけようと思ったら、
それはオーストラリアに留学するのがベストです。
ですが、なかなかそんなまとまった時間を取ることは難しいだろうし、
かなりの費用が必要になります。
しかも、英語での説明になるので、細かいニュアンスまで聞き取ろうとするには、
どうしても困難があると思います。
そこで、オーストラリアに行ってオジーに教えてもらわなくても
この打法を身につけられるように
オジーのスイング理論を徹底解説したレッスンをDVDにまとめました。
このDVDを見れば、オジーのスイングを理解し、
身につけることができる決定版とも言える内容です。
では、少しだけDVDの内容をご紹介します。





「ボールが曲がってしまう」
「うまくいくときと失敗するときの差が激しい」
と悩んでいませんか?
実は、よく飛んで曲がらない球を、いつも何度でも打てるスイングがあります。

このスイングを身につけたあなたは、まぐれではなく、
いつでもまっすぐ飛ばせる実力が身に付くことでしょう。





グリップは、体のパワーをクラブに伝える重要な役割を果たします。
必要なパワーを伝え、まっすぐ飛ばすために最適なグリップ方法があります。
左手と右手、それぞれ違うタイプの握り方をすることで
飛んで曲がらない球を生みだすグリップをお教えします。





インパクトのときには誰しも左足加重になるもの。
だったら、最初から左足加重で構えてしまえばいいのです。
「飛ばないのでは?」との心配も要りません。
ジャストミートする確率を上げ、しかも飛距離まで伸ばしてしまう
アドレスの取り方をお教えします。





クラブヘッドがトップに行った時点で、
既にミスショットかナイスショットかは決まっています。
まっすぐ飛ばすためのテークバックの3段階をお教えします。
これを知らずにテークバックしていては、
10回に8回はミスショットになってしまいます。





肩を大きく回してスイングすれば飛距離が伸びると思っていませんか?
実は、それでは飛距離が伸びるどころか、ボールが曲がる原因になってしまいます。
肩を回すよりももっと合理的に飛距離が伸ばせ、
しかもまっすぐ飛ばす方法があるのです。





肩を回転させた勢いでボールを打つのは、今までの振り方です。
オジーのスイングでは限りなく縦に近い方向にクラブを振り下ろします。
この上下の動きが、安定した球筋をつくる秘密なのです。





ほとんどの人がこれを知らずに、腕でクラブを振ろうとしています。
この部分をうまく使えれば、無駄な力の入らないスムーズなスイングになります。
肩や腰ではない、その身体の部分とは?





実はゴルフスイングに役立つのが野球のスイングです。
野球の一つのポーズに、ある「ひねり」を加えることで
ゴルフスイングを改善することができます。
頭で考えながらのぎこちないスイングだったのが、これでスムーズに振れるようになるでしょう。





「ゴルフを練習したいけど、忙しくて時間がない」
という場合でも、練習する方法があります。
クラブを振り回すスペースがなくても、自宅でできる練習方法があります。
空き時間にこっそりこれをやることで、次にコースに出るときには
見違えるほど安定したスイングができることでしょう。





実は、あなたの家にも、ゴルフ上達に役立つものが眠っているのです。
家族に見られたら「お父さん、どうしちゃったの!」
とびっくりされること請け合いですが、
これがスイング改善にはてきめんの効果を上げるのです。
練習するときはくれぐれも、誰にも見られないようにしてください。





左一軸打法をマスターすれば飛距離は伸びますが、
さらに伸ばして「飛ばし屋」と呼ばれたい人のための
とっておきの練習方法があります。
まぐれで飛ぶのではなく、何度でも思ったように飛ばせる
再現性のある飛距離の伸ばし方をお教えします。





理論だけではゴルフは上達しません。
既に世界で3000人の人がスコアアップさせたスイングを
最短時間で身につける練習法をお教えします。
一見、変わった練習法ですが、左一軸打法のすべてが詰まっている練習法です。





勝手に曲がるのは嫌でも、自分でコントロールして打つ
ドローやフェードは手に入れておきたいですよね。
まっすぐ打つだけでなく、右でも左でも、
球筋を自在にコントロールする方法があります。
これであこがれのドロー球があなたのものです。





風にあおられて、バンカーや池に落ちてしまうことって、ありますよね。
風の影響を受けない球を打つ方法をお教えします。
これを知れば、大叩きが無くなり、スコアがアップすることでしょう。





練習場ではうまくいく。でもコースに出るとミスばかり。
そんな人には、ある共通点があるのです。
無意識のうちにやってしまうので、なかなか気付かないのですが、
実はこれが致命的になっています。
コースに出ても、いつもと変わらぬショットができるスイングを
身につける方法をお教えします。

・・・本当はもっとあるのですが、長くなりすぎるのでこの辺にしておきましょう。
あなたがオジー・モアの飛んで曲がらないスイングを身につけるための理論、
練習法のすべてがこのDVDに詰まっています。
内容を十分に伝えるためにDVDは2枚組になりました。
ぜひ、何度でも見て身につけ、スコアアップさせてください。





あなたのスイングを変え、いつでもまっすぐ飛ばす技術を身につけるためには、
オーストラリアに留学するのが一番いいとは思いますが、
仕事を休んで行くのは無理がありますよね。
私もオジー・モアに習うのにレッスン費用および滞在費を合わせると、
これまでにおよそ700万円ほど使ってきました。
ですが、だからといって、まっすぐ飛ばせるスイングが身につけられる
このDVDを700万円で売ろうとは思っていません。
このDVDは29,800円で提供しようと思います。
「高い」と思った人は、どうぞこのページを閉じてください。
しかし、閉じる前にちょっと考えてほしいのですが、
29,800円で、ボールがまっすぐ飛ばせるようになり、
スコアを改善させる方法が思いつくでしょうか?
何にお金を使ってもかまいません。
2回ラウンドしてもいいですし、
打ちっぱなしに20回行ってもいいです。
新しいドライバーを買っても構いません。
何か、スライスやフックを出さずにまっすぐ飛ばせるようになる方法を
思いついたでしょうか?
おそらく、無かったのではないかと思います。少なくとも私は知りません。
結局、あなたのスイングを変えない限りは
ボールの飛び方を変えることはできないのですから。
このDVDでこれからのゴルフ人生が大きく変わり、
一緒にラウンドする仲間からもうらやましがられるのなら、
29,800円は高くないのではないかと思います。
私も、今でこそゴルフを皆さんに指導していますが、
元は週末に打ちっぱなしに出かけるのが楽しみだった、サラリーマンゴルファーです。
頭の中にナイスショットを思い描き、意気揚々とドライバーを
握ったのにいざ打ってみるとスライスやフックばかり。
コースに出ても、なかなかフェアウェイに乗らず規定打数を大幅に超えて
プレーを続ける悔しさは私もよく知っています。
せっかくの休みにゴルフに行くのだから、楽しく気持ちよくプレーしたい。
快心の当たりを出し、堂々とフェアウェイを歩いてみたい。
その気持ちは痛いほどよくわかります。
ですから、29,800円という価格を見てもページを閉じず
ここまで読んでくださったあなたにだけ、
2日間だけ特別割引価格でお譲りします。
この価格で申し込めるのは今日から2日間限りです。
ぜひこのタイミングで手に入れてください。
同じ金額で、コースに出て1ラウンド楽しむのもいいですが、
一度DVDを見て、まっすぐ飛ぶようになるスイングを身につけた方が
次からのラウンドが楽しくなる賢明な選択と言えるかもしれませんね。














この方法を実践後、2ラウンド以内にこれまでの最高スコアが
出なかった場合、代金を全額返金させていただきます。
もし、2ラウンド以内にベストスコアが出なければ、
メールを1通送信してください。購入日から90日以内でしたら、
DVD代金を全額返金させて頂きます。
返金のお申し出は、DVD視聴後2ラウンド分のスコアカードの写真とともに
「返金希望」とメールをいただければ、7営業日以内にあなたが指定する
口座にご購入代金を全額返金いたします。
この返金保証は、このスイング理論に対する自信の表れとお考えください。



ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。
その場合は恐れ入りますが、再度ご注文ボタンを
クリックしてくださいますようよろしくお願いいたします。
配送版
※海外の方は、お問い合わせください。
お気に入りに追加
>>お電話でのご注文はこちら<<
電話注文は土日祝がお休みです。

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用になれます。
なお、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さい 。


<発送について>
※ 土日祝日はお休みをいただいております。
※ 発送は、代金決済完了後、翌営業日に発送しております。金曜日にご注文いただきました場合、発送は月曜日(月曜日が祝日の場合は翌営業日)です。
※ 配送会社はクロネコヤマト宅急便です。配送が完了いたしましたら、メールにてご連絡させていただきますので御確認ください。
※ 発送は神奈川県からの配送となりますので、地域によっては到着まで翌々日以上かかることがございます。











30日間 質問し放題のメールサポート
購入から30日間メールでのサポートを付けさせていただきます。
(ご購入後30日の間なら回数無制限)
DVDの内容でわからないことやゴルフに関しての悩みなど、何でも良いので
質問をしてきてください。
ゴルフは一人で悩んでいても解決しないことが、人に相談することで
解決される場合がほとんどです。
小池幸二が責任を持ってサポートさせていただきます。  












ゴルフ攻略の考え方がわかる映像
スコアメイクに大きく影響するメンタルマネジメントに関しての
お話をインタビュー形式で収録したものを差し上げます。
プレッシャーがかかると、どうしても体に力が入ってしまい、
思わぬ方向にボールが飛び出して大崩れしてしまうことがあります。
ストレス状況下でもミスを少なくする方法をお話ししますので、
スコアの波がなくなり、安定的に好スコアでまわれるようになることでしょう。
(この特典はDVDのQ&A部分に収録されています。)      












スコアが10縮まるパター動画
オジー・モアのパターの考え方を
理論編と実践編の動画でお伝えします。
どんなにドライバーやアイアンが良くなっても、パターが良くならないと
スコアが伸び悩むことになります。
パターの1打も他のクラブの1打も同じ1打です。
しっかりとカップインできるパターの方法を動画で見て学んでください。
正しいパターの構え方から、腕の動かし方、上りと下りでの考え方の違いや、
ロングパットの距離感のつかみ方など、このパター動画を見るだけで、
スコアが10以上縮まる人もいると思います。
(この特典は、DVD同封の案内書に記載された
購入者様専用ページよりご覧いただけます。)         













スイングチェックシート
オジー・モアの左一軸スイングを身につけるために
注意すべきポイントをまとめたチェックシートをお付けします。
このチェックシートはDVDの内容に沿って作成されています。
DVDを見て、このチェックシートで確認しながら練習すれば、
あなたのスイングは驚くほど変わり、飛んで曲がらない打球が
打てるようになります。
(この特典はDVDと一緒に発送いたします。)           













あなたのスイングを診断します
購入から30日以内に、あなたのスイングを、家庭用ビデオカメラで
撮影していただき、私宛に送ってきてください。
私が直接、メール等で改善すべき点をご指導致します。
スイング指導はご購入日から30日以内に限らせていただきます。
(この特典は、DVD同封の案内書に記載された
購入者様専用ページよりご覧いただけます。)     












先着50名に5,000円キャッシュバック
ご購入後に紹介している「特別キャンペーン」に参加していただくと、
先着50名様に、5,000円をプレゼント致します。
DVDをご覧いただいたあと、
・DVDのご感想
・笑顔の顔写真
をお送りくだされば、5,000円のキャッシュバックをさせていただきます。
(この特典は、DVD同封の案内書に記載された
購入者様専用ページよりご覧いただけます。)          










私がゴルフを始めたころに、心ない知人から言われた言葉です。
下手くそと言われるのは仕方ありません。
だって、本当に下手くそでしたから。
でも、何が悔しかったかというと、私が当時の中途半端な知識で
間違った常識を教えたがために、何も悪くない友人までもがバカにされたということ。
私が間違ったスイングを信じていたがために、
友人までもが間違ったスイングを身につけてしまったのです。
そのときからはだいぶ歳月が経ちましたが、私が教える生徒には
絶対に正しいスイングを身につけさせるという信念でやっています。
もう、間違った常識にとらわれて、
理論ばかりで実践できないスイング理論は嫌なのです。
数々のプロのスイングを見てきた中で私がこれだと思ったのが、
オジー・モアのスイングです。
理論と実践がともなっているスイングですし、
オジー・モア自身もそれで賞金王になっています。
彼の生徒も見違えるように上達し、
オジー・モアが5年連続トップ・コーチに選ばれていることからわかるように、
十分に実証され、お墨付きもあるスイングです。
ですから、私は自信を持ってすすめます。
この先のゴルフ人生を楽しくすごすために、
あなたも、まっすぐ飛ばせてしかも飛距離が出るスイングを身につけておきませんか?
きっと、あとで振り返ったときに、
「あのときにスイングを変えて良かった」と思うことでしょう。
ぜひ、オジーのスイングを身につけてみてください。
私からあなたへの心からの提案です。




>>お電話でのご注文はこちら<<
電話注文は土日祝がお休みです。
配送版
※海外の方は、お問い合わせください。












ゴルフのバイブルとして活用しています
ベストスコア88→82
大分県 小野 文明さん(69歳)
我流でゴルフをはじめて30数余年になるのですが、それまでは、
溢れるゴルフ情報に埋没して迷える羊でした。
このゴルフ理論に出会ってから、わたしのゴルフバイブルの
源泉として活用させていただいております。
左一軸打法を学び、わたしのゴルフは自分のものと
なりつつあります。
スエーがなくなり、トップもコンパクトで安定した打球に変化しています。
特に先生の名付けた「右肘・右腰連動」の極意はゴルフプレイでのあらゆる場面に
有効で重宝しています。
先生のますますのご活躍を祈念して、感謝とお礼の結びといたします。












左一軸打法は最強のゴルフ理論であると確信しました
 
野本 泰司さん
左一軸打法にして感じた事を報告させていただきます。
(箇条書きで書かせてもらいます。)

方向性が良くなった。
アプローチ、特にバンカーショットが著しく上達した。
飛距離が15ヤード伸びた。
パーオンしなくてグリーンを外してもボギーを叩く気がしなくなった。
難しいライ(ベアグラウンド等)からのショットが楽しくなった。
ゴルフが易しいと感じるようになった。
ハザードがあっても怖がらなくなった。
ラフからのショットでもそれなりの距離と方向性が出るようになった。
グリーンが近く感じられるようになった。
高価なゴルフクラブが良いショットを生むのでは無く、
良いスィングが良いショットを生むという事の理解が出来た。
短期間でスィング改造が出来て結果がすぐ出せる理論。
髪の毛一本たりとも無駄な動きをさせないスィングである
(先生の談:もっとも私には無駄な動きをする髪の毛はありませんが・・・笑)
SWでのスィングが出来れば、W1でも同じスィングで打てる。
(理論がどのクラブでも同じ事の証明)

等々、総合的に見て、良いこと尽くしで左一軸打法は最強のゴルフ理論であると
確信しました。
他のショットまでも良くなるという相乗効果が出ています。












先輩は左足一本でHC2です!
 
愛知県 佐倉 智弘さん(46歳)
私の知り合いでHC2の方がいます。
その方は、交通事故で右足が不自由で、歩行時は右足を
引きずって歩いている方なのですが
ゴルフとなるとすばらしく力強い球を打ちます。
見ていると左足一本で打っているに違いないのですが
ティーショット、セカンド、アプローチとすばらしい限り
であります。たぶん一軸打法の真髄なのではないでしょうか?
数年でシングル入りし中部アマの予選も通るほどの尊敬する先輩であります。
先輩のスイングを見るたびに一軸を思い出します。
私も一からやり直したいと思います。













身体に負担が少なく、練習が楽になりました
ベストスコア105→98
長野県 五十嵐 利雄さん(77歳)
ゴルフ歴は42年になりますが、70才を過ぎてから、
飛距離が大幅に落ちて悩んでいます。
レッスン書を片端から読みあさり、これはと思うDVDや
練習器具を購入したりと、涙ぐましい努力?をしていましたが、いっこうに埒があきません。それどころか練習をしすぎて、
身体を痛めてしまう始末です。
そんなときに出会ったのがこの1軸打法です。
望みを捨てなければチャンスは訪れるものだとつくづく思いました。
まだ練習を始めて日が浅いので結果は出ていませんが、
確実な手応えを感じています。私の感じるこの打法の利点は次の通りです。

体重移動をしないので、スイングがシンプルで、ミスショットが少ない。
無理な動きが無いので、身体に負担が少なく、練習が楽である。
(私のような高齢者には特に大きな利点である)
プロの世界でも重視されるこの打法を、このような低次元でとらえて恐縮ですが、
私にとってこれらは大きな利点なのです。












ミスショットが少なくなりました
 
千葉県 降屋 充さん(60歳)
左一軸打法は、右への体重移動が無いぶんシンプルで
ダウン時の左サイドの体重移動のミス
(私の場合左サイドの体重移動のミス非常に多かったので)
も無いのでミスショットが少なくなったと思う。
今後DVDを参考にして練習と実践にてより深い取得を
目指すのと、それに伴うベストスコアーが期待出来ると
考えています。












アプローチが真っ直ぐに飛び、よく寄るようになりました
 
竹本 弘子さん
左1軸打法にして良くなった点

左股関節を軸にして、シッカリト当たる実感が得られるようになった。
ズレタ時も分かるようになった。
アプローチが真っ直ぐに飛び、よく寄るようになった。
左サイドを止めて、右サイドを動かすコツを、体得しつつある。
ドライバーショットは、特に実感しており、得意になった。
体が立っている構えが、良いショットを生む。
前かがみを少なくすると良い結果が得られる。
今まで、軸がブレテいたのが分かった。
下半身がシッカリして、スイングできている。














飛距離が伸びました
 
前山 和洋さん
左1軸を意識するようになって

まず、フォームがキレイになったと言われる。
体の運動量の割には、よく飛ぶ。
アプローチのイメージで、ドライバーショットが出来るようになった。
時々トップする、イップス病であったアプローチが、左1軸にして、
フェースにボールを乗せて運べるレベルになり、寄るようになった。














グリップの間違いに気付きました
 
石川県 野上 渡さん(59歳)
メールで左一軸打法のオジー・モアのボディスイングドリルを受けて、自分なりに練習しましたが?
自己流が直りませんでした・・・・(>_
>>お電話でのご注文はこちら<<
電話注文は土日祝がお休みです。
配送版
※海外の方は、お問い合わせください。















お問い合わせ特定商取引法に基づく表記
Copyright c オージー・ゴルフ・ジャパンLLP All rights reserved.










var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));


try {
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-11798854-1");
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}





if(typeof(_gat)!='object')document.write('')

try {
var gwoTracker=_gat._getTracker("UA-18010206-1");
gwoTracker._trackPageview("/3554413374/test");
}catch(err){}






詳細を見る
pr 自動でお金を儲けちゃえ!自動化成金道開発協会
  1. 2011/01/31(月) 11:43:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

【「ゴルフ脳」強化プログラム】ゴルフにおける技術練習を本番に直結、「イメージ」をそのまま具現化させ「ゴルフの技術」を100%活かせます。

もうアフィリエイトで稼げないとは言わせない!1クリックでSEO自動....


【「ゴルフ脳」強化プログラム】ゴルフにおける技術練習を本番に直結、「イメージ」をそのまま具現化させ「ゴルフの技術」を100%活かせます。

















【「ゴルフ脳」強化プログラム】ゴルフにおける技術練習を本番に直結、「イメージ」をそのまま具現化させる「ゴルフ脳」強化プログラムで、あなたが今持っている「ゴルフの技術」を100%活かせます。
どんなゴルフ練習や教材よりも効果を発揮でき、プロゴルファーも実践している、身についたらもう、忘れられない「ゴルフ上達の極意」を知りたくありませんか?
















ゴルフは趣味としても盛んですが、
日本では仕事にも繋がる重要なポジションにある特殊なスポーツです。


特に30~40代の方は、
少しでもゴルフが上手くできるようにゴルフにさまざまな出費をしていることでしょう。


しかし、「ゴルフ上達」という概念にとらわれてしまい、
多くの方が間違った練習を積んでいます。


ゴルフを上達させる為にあなたは今何に取り組んでいるでしょうか?


きっと様々な関連書籍の購入、週末には打ちっぱなしで練習し、
レッスンプロのトレーニングなどを受けているかもしれません。


これらの取り組みはすべて「技術面」を鍛えることです。
しかし、技術面だけを磨いてもゴルフが上達しないことはもうすでにお分かりのはずです。


では、少し思い返してみてください。


それらの中に「メンタル」を鍛えるとまでは言わずとも、
少なからず「メンタル」に触れた部分はあったでしょうか?


よく、体と心のバランスが取れないと聞きますが、
心身を上手くコントロールできるようになれば、
常にいいテンションを持ってゴルフができます。


つまり、心身それぞれを天秤にかけた時に均等に保たれていないと、
人間は本来の実力を発揮することができないのです。


もっと言うなら、ゴルフは技術面よりもメンタル面が持つ影響力が高く、
天秤ではそれぞれが釣り合う形ではあるものの、メンタル面の内容が濃ければ濃いほど、
あなたが望むような、確かなゴルフができるのです。


この「ゴルフ上達の極意」は、あなたのゴルフの力を最大限に発揮することができます。


きっとあなたは、今はまだ半信半疑だと思います。
しかしこのページを読み終わる時にはきっと、
いかにゴルフはイメージすることが大切なスポーツかお分かり頂けると思います。


イメージしてみてください。
あなたが心地よい緊張の中で思い通りのショットを決め、
今までに持つことが出来なかった「真の喜び」を味わう姿を ――




















あなたはこれまでの人生の中で「プレッシャー」を感じたことはありませんか?


例えば、試験であったり、試合、発表会など、
プレッシャーを感じながらも、自分を表現しなければならない立場が必ずあったはずです。


プレッシャーはあまりいいものではありませんよね。


考えなくともいいことを考えてしまったり・・・
ポジティブに考えようとしても、ネガティブな要素が勝ってしまったり・・・


ゴルフに例えれば、


・ プレッシャーに負けて、コントロールが乱れる。
・ ゴルフの朝は意気込んで出かけるが、コースに出ると弱気になってしまう。
・ 今まで順調にプレイしていたのに、大事な見せ場でつまずいてしまう。
・ 自分より上手い人と回ると、劣等感を持ってしまい実力を出せない。
・ 「お得意様に失礼がないように」と思えば思うほど散々なゴルフをしてしまう。


などなど、プレッシャーを感じてしまうと決して安定した結果に繋がらないものです。


では、このプレッシャーをなくすと、どこまでゴルフが上達し、自分のゴルフができるかを
実際に「ゴルフ上達の極意」を活用した声から確認してみてください。





大滝先生、
お世話になっております。富田です。
ここ1カ月ほど先生のプログラムを実行させていただいています。

私の場合はゴルフ歴はまだ2年程ですが、はじめたばかりの頃は怖いもの知らずというか、
技術はまったく身についていないにも関わらず、パターもかなり良く決まっており、
周囲の先輩方に驚かれる程でした。

その後、私なりにさらに上達しようと思い練習場に通ってレッスンを受けるようになったのですが、
それ以降、ゴルフに対しての知識が増えれば増えるほど、逆に思うようなプレーができず、
ゴルフに対しての恐怖心といいますか、大きなストレスを感じるようになってきました。

はじめたばかりの頃は日曜に早起きしてラウンドするのが楽しみだったのですが、
レッスンを受けるようになってからは、ゴルフの2日前くらいから、
「ああ、行きたくないなー」「また思うようにできなかったらどうしよう」などと考えるようになり、
ゴルフに行くこと自体が苦痛に感じるようになってきました。

本当に上達したい気持ちはあるものの、やりたくない、失敗が怖い、という気持ちが同居して、
とても楽しんでゴルフができるような心境ではなく、かといって仕事がら接待でコースをまわることが多く、
断るわけにもいきません。

そこで今回大滝先生のプログラムを見つけて、先生がかなりの経歴をお持ちということで驚き、
こちらのプログラムに参加させていただきました。

最初は催眠でゴルフって!?と思っていましたが、内容を読むにつれて
「ああ、これは私のことだ」と思い当たる箇所がいくつもあり、
私のために書かれているような錯覚を覚えるほどでした。
特に「ゾウの話」ではまったく私のことだと思って、
まさに失敗すべく失敗していたのだ、ということが理解できました。

その後先生のプログラムを実行させていただいて、
まだ正直、完全に自分の思ったようなプレーになっているというわけではありませんが、
はじめにゴルフを始めた頃の、のびのびとゴルフを楽しむという気持ちがかなり戻ってきました。
また、パターは思ったように決まることが多くなってきました。

この調子で続ければ、いい調子で上達するのでは、と思っています。
また、何より嬉しかったのが、レッスンの先生にも「最近楽しそうに
ゴルフしてますね」と言われたことです。
「あ、嫌だという気持ちも意外に人には伝わっているのだな」と思ってハッとしたものです。

まずは取り急ぎの経過報告までですが、今後もまたご報告させて頂きたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。








ゴルフは好きで、一生懸命練習もしているのに、なぜうまくならないのか?
それが長い間抱えていた悩みでした。


「このドライバーは飛ぶ」と聞けばすぐに買い替え、良いパターがあると聞いては注文し、
うまくなりたい一心でスクールにも通い、上達するために自分にできる限りのことはやってきたつもりです。

正直、どれだけお金を使ったかわかりません!

それでも、思ったほどの手ごたえはなく、「自分の実力はこんなもんか・・・」と諦めていたところ、
このプログラムと出会いました。

新しもの好きなので、これもちょっと試してみようか、くらいのつもりでいたのですが、
本を読んでいくうちに、なぜ自分のゴルフがうまくならなかったのか、その理由がわかってきました。

そして、本に書いてある通りに、イメージを意識しながらコースをまわるように心がけました。

最初はこれといった変化もなく、あまり効果を感じませんでしたが、
3回目ぐらいのとき、いつも脱出に苦労するバンカーショットを、試しにイメージを使って打ってみると、
自分でも信じられないくらい「スーッ」と吸い寄せられるようにピン横につけられたのです!

いつも、クラブの握り方だとか、フェースを開くとか、エッジが・・・軌道は・・・とか
そんなことばかり気にしながら打っていたのですが、意識すればするほどドツボにハマり、
バンカーは最近ではほとんどトラウマのようになっていました。

でも、お手本のようなバンカーショットを決められて、
何かイメージするコツのようなものがわかってきた気がします。
(その日は、別のホールであと2打、イメージ通りのショットが決まりました!!)


いままで技術はたくさん学んできたはず。
あとはそれをどうやって引き出していくかなんですね!

本を読んでいるうちに、あれも、これもと、試してみたくなることがたくさん出てきました。
これからは今までと違った意識でゴルフが楽しめそうです!

良い本を書いていただき、ありがとうございました。

また、結果が出たら報告いたします。






はじめまして志賀と申します。

私がかねがね定年したらしたいと思っていたことが二つ有りました。

ひとつは、今まで私を支えてくれた妻への恩返し、
もうひとつは、好きなゴルフを楽しみたいという事でした。

ゴルフに関しては、好きだと言っても定年までは仕事が忙しかったので、
2ヶ月に1回仕事の仲間をワイワイできる程度でした。

スコアは100が切れず103から108を行ったり来たりです。
ゴルフ仲間からは「除夜の鐘スコアだ」といつも冷やかされていました。

そんな時いつも「ゴルフがもっとうまくなりたい」と思っていました。

定年後は時間もできましたので、集中的に練習場に通い打ち込みを行いました。
しかし、残念ながら、いざゴルフコースを回ってみるとスコアは全く変わりません。

かえって、過度の運動の為体調を崩してしまい、
ゴルフが楽しくなく、苦痛さえ感じるようになってしまいました。

こんな感じで、がっかりしている頃、ゴルフ場の先生から
この「ゴルフ脳強化プログラム」を紹介されました。

読んでみてビックリ!新鮮な驚きです。
今まで技術の知識ばかりに集中していましたので、
イメージトレーニングは全くしていませんでした。

このプログラムは解りやすくて、理解できるように説明されているので
すぐに理解できました。

2週間後にゴルフコースを回り、いきなり100を切ることができました。
今は未だ90代ですが、「次回は90を切れるのでは」と期待しております。
再び、ゴルフが楽しくできるようになり、大変よろこんでおります。

最後に、このプログラムを実践して感じたことですが、
この「ゴルフ脳強化プログラム」は単にゴルフの上達プログラムと言うことだけでなく
すべての事に応用できる成功プログラムだと感じました。

私のこれからの目標達成にも、大いに活用したいと思っております。






私は打ちっぱなしではうまくまっすぐ飛び、飛距離も出るのですが、
コースに出ると、ショットは右に左に大きく曲がり、
飛距離が出ないどころか、大切なところで意識しすぎて空振りすることさえありました。
「まだ始めたばかりだから」と自分に言い聞かせ、はやくうまくなるように練習にも力を入れましたが、
始めて2年経った今でも、やはりコースに出ると普段の力の半分も出せず、
だんだんゴルフが面白くなくなってきました。
「もう、ゴルフなんかやめてしまおう」と思っていた時、
テレビ番組で、あるプロゴルファーが「ゴルフはメンタルのスポーツだ」と
言っているのを聞き、このプログラムを手にすることに決めました。

とても分かりやすく書かれていて、またシンプルで簡単に実践できることから、
しばらくトレーニングを続けてみることにしました。
その後、実際コースに出るとショットもほぼぶれることがなく、
飛距離も安定して出せるようになりました。

そして驚いたことに、今ではスコアが22も縮まりました!
クラブも練習頻度もいままでと変わらずだったのにです。

これには私のゴルフ仲間よりも自分がいちばん驚きでした。
それと同時にやはり「ゴルフはメンタル」ということを改めて思い知らされました。

今ではこのマニュアルをビジネスや私生活にも応用しています。
























申し遅れました、私、大滝 保(おおたき たもつ)と申します。
大学で心理学を専攻し、精神医学の教授から催眠療法を学んで参りました。


約20年の実績と経験を基に現在も研究を行い、
メンタル重視となるスポーツのメンタルトレーニング法などを提案しております。












自分の理想を実現すべく、〔横浜催眠心理オフィス〕を開設。






現在では、現役の医師が習いにくるほどになり、
テレビ、雑誌などでも紹介され、プロアスリートをはじめ、
多くの芸能人が来院。

メンタルがいかに人間に影響を及ぼすかを広げるため、
次世代に優れたインストラクターを輩出するべく、
インストラクターの養成も行っている。

そのほか、気功トレーニングの普及にも力を入れて
幅広く活動している。
















現状では、特に30~40代のゴルフに悩みを抱える方が私を訪ねてきており、
何故ゴルフが上達できないのか、真剣に考えておられます。


しかし、私が訪問してこられる皆さんに「ゴルフ上達の極意」を教えると、
平均して1・2ヶ月で結果が現れる方がほとんどです。
早い方では1ヶ月以内でメンタルの土台を築ける方もいるほどです。


私はこの「ゴルフ上達の極意」を実践していただければ
あなたがまだ使いきれていない「ゴルフの能力」を引き出すことが可能だと
自信を持っております。


















ゴルフはスポーツでありながらも、非常に神経を研ぎ澄ます行為でもあります。


例えば、サッカーや野球といったポピュラーなスポーツは、正確性は求められるものの、
最終的に「点を入れる」スポーツですから、ゴルフと比較すると、
そこまで神経を研ぎ澄ます必要性はありません。


結論から言えば、ゴルフとサッカーを比較した場合、
サッカーゴールはとても大きな枠に入れればいいわけですが、
ゴルフのカップはとても小さな枠、そしてスコアも気にしながら、
より計画的に事を進めていかなければなりません。


それにサッカーにはミスがチャンスになったり、計画性とは裏腹のアクションを起こしても、
それがチャンスに直結することもあります。


でも、ゴルフではどうでしょうか?
ミスがチャンスになることは、まずありません。


メンタルにちょっとの揺らぎや不安が生まれた・・・それだけでショットに乱れが生じます。
正確性の優劣でプレーヤーの順位が決まる、非常にシビアな世界です。


この「ゴルフ上達の極意」を生み出す前の私は、
ゴルフはメンタルスポーツであることはわかっていましたが、
私が研究している技術を取り入れようとは思っていませんでした。


しかし、ある日のこと、精神的な悩みを抱えている患者さんがカウンセリングに来た時に、
ふとしたことでゴルフの話になったのです。


その患者さんはゴルフが大好きでしたが、
いわゆるアガリ症、そして肝心なところで決められないことを悩んでいました。


はじめは談笑だったのですが、どうやらゴルフは患者さんが勤める会社のお得意様との
機会が多いようで、かなり重要なお付き合いの一つであることがわかりました。


その後も、他の患者さんからゴルフの悩みを聞かされることがたびたびありました。


「ゴルフでの接待で失敗しちゃって・・・」

「ゴルフでアピールして、印象をよくしたいんだけど・・・」

「ゴルフって、いいクラブ購入しても、まったく駄目だね・・・」

などなど、多くの悩みを聞きました。


実は私もゴルフは趣味程度にやっており、
ゴルフにおけるモチベーション管理の重要性はわかっていました。


特に重要な立場でのゴルフであれば、
当然モチベーションや日々の鍛錬方法などが大きく関係します。


技術面も確かに重要ですが、
その技術を最大限に生かすには、メンタルがもっとも重要です。


そこからゴルフにおける研究に本腰を入れ、自らも重要なゴルフの環境に身を投じて
体験するようにし、ケースに合わせて一つずつデータを取っていきました。


ここで重要となったのが、それぞれのプレッシャーの感じ方だったのです。








 序盤はリラックスしたゴルフができるものの、
 後半になるにつれて、プレイの精度が落ちていった。


   これは、「フィニッシュ」を強く考えすぎるあまり、
   過度なプレッシャーと不安をメンタルが意識してしまっている為でした。




 ゴルフをする以前から重要な環境下でのゴルフということもあり、焦っていた。
 本番では、序盤から精度に乱れがあった。
 ようやく慣れてきたと思った頃には、ゲーム終了を迎えてしまった。


   これは重要な機会であることを強く意識しているため、
   失敗ができないという大きなプレッシャーを抱えているケースです。
   後半になるにつれて和らいだのは、ゲームがとりあえずは終了するという
   安心から来たものでしょう。





 終始、一般的なゴルフをしているものの、ところどころで精細を欠いていた。


   この方は、ゴルフに対する意識の持ち方をちょっと改善するだけで、
   思い通りのゴルフができるようになりました。
   集中力のコントロールがキーです。







紹介した方の他にも、それぞれのプレッシャーの感じ方がありました。


これらのデータをもとに、誰にでも適用できる「ゴルフでのメンタルの持ち方」と
「ゴルフ上達法」を研究してきました。


その結果、明らかになったのが、
この「ゴルフ上達は20%の技術と80%のメンタルで決まる」ということでした。


ゴルフと聞くと、どうしてもテクニックがものをいうスポーツと判断されがちですが、
そのテクニックを引き出すための要となるのが、メンタルです。


世界で活躍する一流のプロゴルファーたちは、テクニックもさることながら、
メンタルトレーニングに多大な時間をかけ、しっかりと鍛え上げています。


だからこそ、重要な大会でスーパーショットを決めたり、ブレがないプレイができるのです。
この2:8の割合は技術面が少なすぎるように思えますが、むしろちょうどいい割合なのです。


きっとあなたも、「とにかくテクニックさえ磨けば・・・」と、
雑誌や教本などに手を出した経験があると思います。


確かにそれらからはテクニックは学べます。
個人差はありますが、しっかりと実践していれば、いずれ身につくはずです。


ただ・・・メンタルは身につきません!
だからこそ、多くの方が「どうして自分はゴルフが上達しないんだろう・・・」と思うわけです。


また、人間の意識というものは、顕在意識と潜在意識に分かれています。


顕在意識は、私たちが行動を意図的に行うための意識です。
一方で潜在意識は、無意識に働く意識を指しています。


潜在意識は、呼吸や脈などの生命維持活動を担っており、
顕在意識とは違って、自分の意思で動かすことは非常に困難です。


簡単に言ってしまえば、顕在意識の扉はいつも開錠されていますが、
潜在意識の扉は固く閉ざされているのです。


しかし、潜在意識は従来の人間の能力を最大限に生かすことができる意識でもあります。
潜在意識を使える確率が高くなれば、それだけ意識をコントロールしやすくなるのです。


つまり、偉業などを成し遂げるためには
潜在意識をどれだけ呼び起こして、活用できるかなのです。


ただ・・・
私たちの意識の占める割合は、おおよそ、顕在意識が2割
そして潜在意識が8割となっています。


ところが私たちは普段は顕在意識を主に活用しているため、
約8割もの未知なる能力を使わないでいるのです・・・。


よく奇跡と呼べるかのようなスーパーショットや
完璧なスコアを連発するゴルファーがいますが、
彼らは「潜在意識」を上手に引き出せていると考えられます。



















しかし、あなたはここで疑問をお持ちのことでしょう。
「意図できない意識をどうやって引き出すと言うんだ!」
そう思われているはずです。


「心のクセ」はゴルフをプレイしている時以外でも
常に働いているものです。


しかしその「心のクセ」はある方法を使うことで、
簡単に強化することができ、コントロールも自在に、
さらに潜在意識も自由に引き出せるようになります。


分かりやすく説明すると「意識への呼びかけ」をするだけです。
これこそ、ゴルフをプレイする際にあなたの技術を最大限に活かすことができます。


こうしたトレーニングはゴルフ界ではもちろんのこと、
世界中のアスリート、スポーツ選手に取り入れられている強化訓練のひとつです。


方法はそれぞれの専属トレーナーによって異なりますが、目指すものは一緒、
土壇場に強い、決定力を生み出すプラス思考の「心のクセ」づけなのです。


有名な選手には専属の有名なメンタルトレーナーがついています。
だからこそ、一般人よりも確かな能力を生み出すことができるわけです。


私たちはあたかも有名選手を最初から凄い能力を持った人物として見てしまいます。
しかし、ここが大きな間違いなのです。


ゴルフの世界は決して、技術面だけでのし上がれるものではありません。
最終的にメンタルが強固な選手、そして技術も持った選手が生き残るスポーツだと思います。


例えば、技術面では大差がないライバル同士で、明らかな差が出た場合は、
メンタル以外に考えられません。


重要な場面でいかに自分のゴルフを貫き通せて、冷静でいられるか。
そして、メンタルが強固だと意識にも余裕が生まれます。


これはプレイにおけるひらめきにも繋がります。


プロの大会などを見ても、凄いゲームでは本当に熾烈な戦いになりますよね?
サドンデスが長々と続くこともありますし、お互い譲らない状況をよく目にします。


肉体的なスタミナが減少しても、メンタルにおけるスタミナが豊富なら、
意識がまだ前を向ける状態ですから、どんなカバーでもできるのです。


ただ、肉体的なスタミナが減少している状態で、
メンタルにおけるスタミナが乏しい状態だったら・・・


この場合、集中力が低下しますし、モチベーションも低下します。
つまり、プレイにムラがでますし、大きく精度を欠いてしまうのです。

























つまり、技術力を正確に出すためには、メンタルの充実が必要とされるのです。


私が編み出した「ゴルフ上達の極意」もメンタル・トレーニングの一種で、
ゴルフに最大限特化したメンタル強化トレーニングを作り上げました。


全てはあなたがゴルフを心から楽しんで、思い通りのプレイを展開できることです。
思い通りのゴルフをするためには、技術面だけを鍛えても、ほぼ効果はないでしょう。


もし、技術面だけの訓練でゴルフが上達する人がいるなら、
もともとその人は、メンタルの土台ができているのです。


ただし、多くの方がメンタルは安定したものでないですし、強固なものでありません。
だからこそ、メンタル・トレーニングなくして、ゴルフは絶対に上達しません。



いつも大事なところでミスしてしまう・・・・
プレッシャーに負けてしまう自分が出来上がっている・・・
もっと正確なコントロールができたら・・・
スコアをあと5~10打くらい縮められたら・・・
練習は死ぬほど積んでいるのに、なぜか結果に現れない・・・



ゴルフにおける悩みはそれぞれですが、
すべてはマイナス思考に働く「心のクセ」が影響しています。


だからこそ、プレッシャーとメンタルをコントロールすることが上達への近道なのです。


常日頃から、ゴルフに最適な脳、意識を作り出してしまえば、
練習もはかどりますし、本番でも効果ができますよね。


ゴルフで正確なショットを打つためには、集中力が必要です。
集中力がなければ、コントロールに繋がらず、大きくターゲットポイントからズレます。
集中せずに闇雲に打って、思い通りの場所に飛んだとしてもそれは「マグレ」になります。


「マグレ」はラッキーな現象の一つですが、決して多発できるものではありませんし、
それがあなたの自信には決して繋がることはありません。


ゴルフは集中して、いかにターゲットを捉えられるかで決まります。
精度を上げていくためには、集中力の質も上げなくてはならないのです。


“技術でカバーする”という言葉も聴きますが、、
それは完全に集中力を発揮できている上での言葉です。


決して技術がカバーしているわけではなく、
いざとなった時に素晴らしい集中力があるからこそ、
技術でカバーしたように思えるだけです。


ただ、人間はどんなに集中していたとしても、「ミス」をする生き物です。
精密機械ではありませんので、誤差はつきものです。
それに「ミス」をしてしまうと、どうしても平常心を保てなくなりますよね。


「うわ・・・やっちゃったよ。このホールはもう散々だな・・・」


こんなことを思ったことはありませんか?


ミスはメンタルにマイナスの効果を与えて、プレッシャーをかけてきます。
そのプレッシャーに負けてしまうことで、自分のゴルフができなくなり、
半ば諦めモードでゴルフをしてしまうことに。


しかし、ミスを上手く利用する方法もあるのです。
ミスはプロだってしますよね?


それでも、ミスから優勝してしまうパターンが多い。
これには確かな理由があります。


あなたはミスをしてしまってから、どのようなゴルフをすべきか明確なビジョンがありますか?
ミスもプラスに捉えることができるのが、メンタル・トレーニングの凄さです。


いかがでしょうか?
メンタルに余裕があれば、あなたのゴルフは大きく変わるのです。


実際にゴルフに悩んでいた方に、この「ゴルフ上達の極意」を教えたところ、
どなたも伸び伸びと自分のゴルフをしています。


メンタルの理解力が足りてなかった、
もしくは間違った認識をしていたという声が圧倒的に多く、
沢山の感謝の言葉を頂いています。


実践する方が不快感を持つことなく、マイペースに意識を作り上げていく。
そして、自分が持つゴルフの技術をフルに出すことができる。


ここに私は徹底的にこだわりました。
自然に取り組めるメンタル・トレーニングにおける努力で、
あなたが描くゴルフの理想を実現させるために「ゴルフ上達の極意」を作り上げたのです。







たったこれだけです。


まずは「心のクセ」への働きかけの知識やあり方を知って基礎を理解して頂き、
あとは実践して、あなたの意識を「ゴルフ脳」へと変えるだけなのです。


ですから、スコアアップやコントロールショット、そして自在なゴルフをしたいとお思いなら、
技術面の引き出しよりもメンタル面の引き出しを多くしなければ、
あなたが思い描く理想のゴルフには到達できません。


本当にあなたがゴルフの上達を目指しており、
以下の条件のいずれかを満たしているのであれば、
この「ゴルフ上達の極意」はあなたに最適な効果を発揮します。





以上の条件はあくまで目安です。


とにかく「ゴルフが上手くなりたい!」という気持ちがあなたにあるのであれば、
「ゴルフ上達の極意」からなるプログラムは、
あなたのゴルフを完全にバックアップしてくれます。


ざっと「ゴルフ上達の極意」のプログラム内容を大別すると
4章に分けられています。


それぞれの章で、メンタル・トレーニングの重要性と
ゴルフ脳にするための方法を学ぶことができるようになっています。


ゴルフ上達を目指すあなたにとって、今のあなたのゴルフは苦痛かもしれません。


楽しいとは思いつつも、きっと心の底では、
思い通りにならないプレイに苛立ちを覚えていることだと思います。


ゴルフというものは、少しずつでも思い通りのプレイができるようになった頃から、
かなり面白く、奥深い存在になるスポーツです。


どんな状況でも気持ちに余裕ができ、思い通りのプレイができている
あなた自身を想像してみてください。


想像を具現化するという表現がふさわしいかもしれません。
きっとあなたのゴルフへの不安を解消してくれる答えが「ゴルフ上達の極意」にはあります。









トレーニングの効果によって、どんな状況下でも、ゴルフに集中することができるようになり、
今までミスしていた部分でも安定したプレイができるようになります。




ゴルフでは重要なスコアアップも、「心のクセ」の改善をすることで、あなたのゴルフ精度が
上昇するため、すぐに結果が現れていきます。




今までブレていたコントロールもより的確に打てるようになり、トレーニングを実践するほど、
精度が増していきます。




ゴルフは本当に集中力を必要とするスポーツですが、トレーニングによって、
集中力の充実化が可能になり、集中力の切り替えなどが上手くなります。




プレッシャーは嫌な存在に思えますが、意識を変えることでプラスに働かせるようになります。




人間における意識のあり方について理解できるので、人間の心理を考察できる力も身につきます。




もしあなたにライバルという存在がいるのなら、このトレーニングであなたのゴルフが上達する上に、
相手の「心のクセ」を見抜けるようになりますので、その勝負自体をコントロールして勝つことが
できるようになります。




今までに費やしていたゴルフ上達への練習時間を短縮することができます。




ゴルフに特化したメンタル・トレーニングではあるものの、メンタルの活用法が学べますので、
いざという時に強い自分を持てるようになり、様々な環境で適応できます。




ゴルフでのスコアアップなどはもちろん、コントロールも改善されるため、
周囲から一目置かれる存在になるでしょう。アドバイスを求められるようになるかもしれません。




人間の真の能力を発揮するために重要な潜在意識の活用法が学べますので、
あなたの能力の底上げが可能になります。




このトレーニングによって必然的にテクニックも向上させることができるため、他の教本や、
高価なゴルフアイテムを購入する必要がなくなります。




思い通りのゴルフができるようになっていく為、従来とは比較できないほどにゴルフが
楽しめるようになります。




大会やコンペなどがあれば、今までよりも順位が上昇するはずです。そのため、
賞品なども手に入れやすくなるかもしれません。




常に前向きで攻めるゴルフができるようになります。ピンチもチャンスに変える起点を
作り出せるようになるでしょう。











これらのメリットの他にも、きっとあなたのゴルフ上達の上で
欠かせないものが沢山あるはずです。


紹介しきれない内容でしたので、魅力となるであろう部分を抜粋させて頂きました。


さて、あなたがもっとも気にしているのが、
この「ゴルフ上達の極意」のプログラムのお値段でしょう。


ゴルフ上達教材はピンきりですが、あれもこれも購入するとなると結構な値段がしますよね。
それにメンタル・トレーニングともなると、本当に確かな知識と指導が必要となりますので、
そこを考えるとやはりトレーナーを用意する必要があると思います。


実際にメンタル・トレーニングは、1時間で10000~20000円が相場となっています。
しかし、1時間で理解できるものではありません。
ともなれば、結構大きな金額になりますよね・・・。


また、ゴルフレッスン料も通いつめていると、大きな出費になります。
間違いなく、これらを月の出費で計算すれば、10万円では収まらないはずです。


さらにそれぞれ通うために時間をさかなければなりませんから、
働き盛りのあなたにとっては現実問題としてかなり厳しいものがあるでしょう。


しかし本プログラムは、メンタルトレーニングのすべてが学べるだけでなく、
ゴルフ上達のテクニックと知識もぎっしりと詰め込んでいます。


それにあなたのペースで実践することができますし、場所も問いません。
すべてあなたの自由に本プログラムを活用することが可能です。


それを考えますと、やはり私が頑張ってゴルフにおける、
あらゆる上達法にかかる1ヶ月分のお値段10万円で販売するのが
妥当ではないかと思いました。


ただ、本当にゴルフが上達したいと思っていた方を思い出しますと、
あまりにも10万円での販売はナンセンスだと感じたのです。


1か月分の出費よりも当然低くして、有意義なものを提供したい。
そうでなければ、本プログラムもありふれた教材の一種として
見られても仕方がないと思ったのです。


そこで思い切って、お求めしやすい価格に設定させて頂きました。


























お電話によるお申込みはこちら

お申し込みボタンクリック後、お申込みフォームが表示されます。
オンライン通販版ご注文の場合、製本・コンポ・送料代として、別途2,850円かかります。
決済方法は、クレジットカード、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、BitCashからご自由に選択していただけます。

オンライン通販版は、代金引換もできます。(手数料350円)









 ベリサインのSSL通信情報の暗号化:
このウェブサイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、あなたの個人情報を保護しています。https で始まるアドレス上ではすべての情報がSSLで暗号化されてから送受信されます。


 企業/組織の実在性の認証:
INFOTOP INC. は、www.infotop.jp にあるウェブサイトのオーナーまたは運営主体として認証されています。INFOTOP INC. の実在性は、公的な記録によって確認されています。









更に期間限定で、以下の特典をお付けします。





本プログラムのトレーニング法を実践中に何か聞きたいことがあれば、
些細なことでも構いませんのでメールにてアドバイスさせていただきます。

6ヶ月間、回数による制限はございませんので、お気軽にご連絡ください。






本プログラムは、私が持ち合わせている技術のすべてを書き切った、
自信を持って、お勧めできるプログラムです。


今回思い切った価格に設定したのは、
ゴルフを心から上手くなりたいと願う人の思いを
1人でも多く叶えたいと思ったからです。


私はあなたから喜びの声が聞けただけでも、嬉しく思います。
それによって、私の研究が間違っていないことを実感できるのです。


また、よくありがちな、


・ ヒントだけの内容
・ 重要な部分が濁らせてある
・ ネットに溢れている情報の寄せ集め


といった構成ではありません!


本プログラムは、私の集大成と言っても過言ではありません。


是非、本プログラムを実践したあなたが、思い通りのプレイができ、
心からゴルフを楽しめるようになることを心より願っております。





自分のゴルフのレベルが低いと思うのですが、それでも期待できますか?

本プログラムはメンタルに特化した内容になっています。ですので、レベルは特に関係ありません。
本マニュアルと技術面を磨いて頂ければ、必ず上達されるはずです。

まったくメンタルトレーニングなどの知識がないのですが、実践可能ですか?

はい、まったく問題ありません。むしろ、初心者に向けて作っていますので、安心して実践できます。
また、難しい作業でもありません。

誰にでも効果は期待できるのでしょうか?

本プログラムは、年齢や性別などの制限を設けた内容になっていませんので、
実践いただければ、効果が期待できます。
ただ、必ずすべての人に効果があるということを保障したものではありませんので、
その点はご理解ください。

薬やサプリメントを併用するものですか?
一切使用しません。すべて健全に実践できる内容ですので
安心して実践いただけると思います。
ゴルフ以外のメンタル・スポーツにも効果ありますか?

本プログラムは、ゴルフに特化した内容になっていますが、メンタル・トレーニングのあり方を
学べますので、他のスポーツに応用していただいても、効果は期待できると思います。

大体どれくらいで効果が実感できますか?

個人差がありますので一概には言えませんが、早い人では1ヶ月もかからないうちに、
メンタルが充実してきたことを実感できると思います。

他のゴルフ関連の教材と何が違うのですか?


他のゴルフ教材は、技術面をテーマにしていますが、本プログラムはメンタルをテーマにしています。
メンタルを充実させるからこそ、技術面が生きるのです。

どんな環境下でも実践できますか?

はい、特に場所は選びません。ただ、より効率を上げるなら、できるだけリラックスできる空間での
実践が適しているでしょう。

サポートや質問は受けられますか?


本プログラムに限った内容であれば、メールにてサポートを受けつけています。
何か質問があれば、是非サポートをご利用ください。























日本におけるゴルフ人口は年々増加しているようです。
いまや、テレビを見れば、若者がゴルファーを目指すのも頷けます。


固いイメージがあったゴルフですが、プロゴルファーの年齢層が若くなったことによって、
より多くの方がゴルフを楽しめるようになりました。


そんなゴルフ人口が増えて、ゴルフにおけるレベルが上がる中で、
自分のゴルフができないのは、なんとも歯がゆいことです。


しかし、必要なトレーニングを積めば、誰でもゴルフが上達します。
その答えが、本プログラムに詰め込まれています。


ゴルフというスポーツを愛し、更なる飛躍を願うなら、
是非あなたの引き出しに、本プログラムを入れて欲しいのです。


私があなたに伝えたいこと、
それは「ゴルフの楽しみ」、「ゴルフの仕組み」です。


理解があれば、向上心も生まれますから、あなたのゴルフは間違いなく変わります。


最後までお読み頂き、心から感謝いたします。
本プログラムが、あなたのゴルフを活性化させることを楽しみにしています。
















利用規約 | 特定商取引の表記 | プライバシーポリシー


Copyright© 2010 オフィス 縁 All Rights Reserved.















詳細を見る
モデルのダイエット - キレイに痩せて部分痩せと体質改善
  1. 2011/01/30(日) 23:09:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

耳コピ方法で上達するギター練習法

あなたのゴルフが変わる!ドライバーの飛距離を伸ばす簡単な方法とは






耳コピ方法で上達するギター練習法












[PR] ジュエリー


























サイトマップ


ギター初心者上達法


ギターと音楽


おすすめ


特定商取引き




基本3コードとブルース


フォークの歴史


アルペジオ練習


リズムを知ろう


初心者スケール入門




耳コピはギター上達への重要項目!
「耳コピが出来ないでギターを上達した人などいません!」
信じられない人は、どうぞ他の方法を捜してみてください!
薄々もう、お気づきと思いますが、
実は
教則本の中で、解説してもらえるのには限界があるのです。
いつまでも人(他人)の援助を受けると言うことは、
裏返せば
他人の援助を無くして自分では上達できない!
・・・ということにもなります。
ある時には、あちらで手に入れたマニュアル。
ある時には、こちらで購入した楽譜(スコア)
ある時には他人から・・・・・。
「他力本願」は、スタートの時で十分なのです!
いつまでも 頼ってゆくことではありません!
自分の中に上達法を 持っていないことから起こることです!
自分の中に上達法を持つ!って?
耳コピって何?
・・・順にお話しましょう。
あなたがギター上達を目指し、ギターの演奏者として
深い感動と楽しさを、ご自身の体で得たいのでしたら、
今が大切な分かれ道といえます。
実は、
マニュアルでは限界があるのです。
様々なフレージングや進行を駆使して、
自分の弾くギターの音が自分の声の様に表現できる!
・・・・・自分で思うがままの演奏を現実したい!!
『あなたの目標』は、ここにあるはずです。
いかがでしょう?
そのためには
あなたが
そういう演奏者になる必要があります!
これはもう、
マニュアルを観て行くということを飛び越えた領域です。
つまり、
あなたの持つ要素に 答えが求められるのです。
誰もが「ゼロ」から始めます。
それを1つ1つ育成してくれるもの、
そして
次々と楽しむ力を与えてくれるもの、
それが、耳コピです。
無限の可能性は、あなたの中にも存在しています!
あのサウンドやフィーリングを、
自分で欲しいと思ったあのフレーズが、
あなたにも鷲づかみできるのです!

音楽は活きています!

今、
この耳コピの秘伝を、密かにあなたへ!
至高の上達法!

ざっくばらんに言います。
耳コピは、これまで普通の人がやってきた上達法です。
とりわけ、心配することはありません。
耳コピって何?
今でこそ耳コピ、耳コピと言っていますが、
もともと、
耳コピと言う存在(上達法)があった訳ではありません。
当初は、耳コピという名称すらありませんでした。
'60年代、一般の人達がギターを手にする様になって間が無い頃
POPSの曲を弾くには、当時この方法しか見当たらなかったのです。
自然発生的に
「情熱を燃やす人達が一貫して行ってきた共通の上達法」だったのです。
耳コピは、「あの様に弾きたい!あの様な音を出したい!」との
願いや熱意によって当然の様に行われて来た」ものです!
「憧れのプレーヤーの様に自分も弾きたい!」
でも、現実の環境では
教えてくれる人は周りにいない!・・・・そして
目の前の自分には、ギターとレコード(CD)しか無かった訳です。
そんな、
音楽教室に行く「お金も時間も無い」人達が、
或いは、
その昔、ミュージックスクールなんて、しゃれた教育施設が周囲に
無かった時代の人々。
ギターの教本と言えば、クラシックギターくらいのものしかない。
ましてや、ジャズの本は難しくてさっぱり。
恵まれない状況!と自分の知識。
でも、これはいつの時代もあてはまることです。
だけれども、
・・・でも、そんなことくらいで、ギターはあきらめられない!
・・・無いものねだりのまま、あきらめたくない!!
そんな音楽熱心な人達の中で、
耳コピは自然に行って来た共通の手段でした。
「曲を弾きたい!あの様にギターを弾きたい!」と願って
やまない熱意から必要に駆られて行われて来た技なのです。
当初、マニュアルも何も無い時代
耳コピでは「手探り上達法」といもいえたしろものです。
ギターを片手に、スピーカーに耳をくっつけて何度も何度も同じ
所を繰り返して聴き、ギターで弾いてみてはまた聴き直す!
テレビで見たミュージシャンの動作を見逃さない。
ギター関連の雑誌をあさる。
みんなせいいっぱい
・・・これが、その当時みんながやって来た耳コピです。
今でも大きく違っている様には思いません。
そして驚くことに、
この「行動」こそが実力を養っていったのです。
それは、
耳コピをした人が自分を振り返った時、共通に実感してきたことです。
その行ってきた日々で、いつの間にか
知識や音感が日増しに向上し、楽しさも倍増していったのです!
「耳とギターで」 実演の経験値を増やして行ってたのです。
それが今日、
音楽理論と符合しながら体系付け、「耳コピ」と名付けられて、
多くの人達の知るところとなってきたのです。
年月を経て築き上げられてきた、この「実践の上達法」は
ジャズの様に難しくなく、一人からできる実力養成を兼ねた上達法
として、マニアの中では広く知られてきました。
今の時代は、つくづく恵まれているなぁ!と思います。
でも逆に、注意をしなくてはいけないことが、
それは、
ギターを始める初心者の内から、
「耳コピ」というものを、情報として既に聞かされているわけです。
それで、
勝手に先走って、いらぬ想像をしてしまう!ことです。
それ故に最初から、何か特別で高度なものだろうと、
「思い違いをしたままの人」もいることです。
ギターの上達法には、2つしかありません!
『自分で学び取る』
『他人から教えてもらう』
最終的に
ギターは、一人で弾き進めてゆくものです。
あなたの「未来の姿」を考えた上で、ギター上達方針を決定します。
石を転がす時、最初は力が要りますが
一旦動き出せば、後は加速的に転がってゆきます。
マニュアルであれ耳コピであれ同じなのです。
将来、
あなたが得る そのメリットも段違いです。
演奏(プレイ)は言うまでも無く、曲の構成やコード進行の形態など
自然な練習の中で身に付き、作曲や編曲の夢も広がります。
これらは、あなたにとって無限の強みです!

耳コピの方法やコツ!
進めて行くこと全てが、
『あっ!あれって そうだったんだ!』・・・と、嬉しい上達!
「やさしい曲の仕組み」や「コードの仕組み」など
から始めて
秘伝のコピー方法など耳コピの上達を加速します!
メロディやコードのコピー法を段階的に伝授します。
曲の仕組みから作曲や編曲の基本までを網羅。

演奏テクニックだけではなく、
音感の飛躍的な向上や「総合的な音楽力
これら、
耳コピ上達法を 余すところ無く公開します!

なお、
提供できるこれら全ては、実践に基づいた手引書です。




<特徴>



こんな方へ!



譜面(楽譜)は苦手だ!
譜面を買うお金が無い!
レッスンを受けるには、お金も時間も無い
自宅で一人でも上達してゆきたい。
ギター弾ていて、自分でちっとも乗れない
ギターの実力を付けたい。
多彩な表現力が自分に欲しい。
欲しいテクニックを集中して身に付けたい
将来アドリブも自由にやってみたい。




耳コピは、
弾きたい欲求を自分の手で具体化してゆく!
あの、グッときた音色、サウンドが欲しい!
これが
耳コピをしてゆく上達の原動力です!


あの
「憧れていた、あの音」を自分の手で実現している!!
気持ちが「わくわく、ぞくぞく」です!
そして弾けたら、
ぜひ、気の合う友人に自慢してやって下さい。
この耳コピ上達法では、
やがて、
「アドリブや作詞・作曲」にさえも応用出来るようになります。
耳コピでは当然なことですが
音感やリズム感も加速的に磨かれます。
ここで、
あなたにお渡しするマニュアルの特徴は、
単に
耳コピの方法を教えるだけではなく
あなた自身の上達法を身に付けることができます!


このマニュアルは
難しい言葉を出来るだけ避け、図解や写真なども取り入れて
いますので、
ギターを持ち始めてそう間が無い人でも理解して行けるでしょう。
耳コピの方法を習得することで
同時に無限の上達を手に入れることとなります。
上達するからこそ、楽しさも倍増なのです!
いち早く、自らの力を付けましょう!
一番大切なことは、
「自分で自由にギターを楽しめること!」
音楽の楽しさは、自分でクリエイトできることです!
このマニュアルでは、これを目標にしています。




先ほど、
冒頭で「信じられない人は他をあたって下さい、と
言いましたが、
もし、そうした人がいたら可哀想なことをしました。
ある時には、根気も熱意も必要です!
音楽を愛する人だけが攻略できます。
その先には、あなたの知らなかった世界が開けます。
だから、やめられない!のです。
でも、中には、
努力が嫌だったり、耳コピが何かを知らない人もいらっしゃるので
あえて冒頭で言ったのです!
上達への道は誰にでも開かれていますが、
見ようとしない人には、それは一生見ることは出来ないでしょう。
過ぎ去ったタイミングはもう取り戻せません!


普通の人たちがやってきたことです。
もちろん数々の秘訣をお伝えしてゆきます。
費用節減!気持ちだけで始められる!
自分で好きな曲を好きなだけやりたい!





このマニュアルは、ノルマやカリキュラムという
あなたを束縛するものなどありません!
あなたのやるのは熱中する音楽だけです!
楽譜なんか読めなくても
他人にも強制されない、
自分の好きな曲を
自分の自由な時間で好きなだけする!
面白い、楽しい、熱中できる
モチベーションが ぐんぐん上がる。
だからお薦めするのです!




耳コピは
将来、あなたにとって編曲や作曲への
欠かせない実戦の基盤となり沢山の貯金となります。
いづれ、
やり始めた後でお解かりになると思いますが
このことは、
あなたの将来に非常に大きなメリットを授けることとなります。
当然、このマニュアルではその様に導いてゆきます。


<耳コピは自立が出来る!>
どんな楽器でも、弾く人にとって
自立ができないと上達も出来なくなります。
もう、
譜面や人に頼ることをしなくて良いのです。
自立とは、
自分から楽しめる力が持てることです。
この力が耳コピなのです。
これまでの様な楽譜や教則の購入費は大幅に節減!エコです。
耳コピが出来てくると、面白い様に上達が早まる!のです。
それは、加速度的です!
当然、ギターの楽しさも倍増して行きます!!
このマニュアルでは、
多くの人達にも解る様に専門用語は極力避け、
図解や写真などを取り入れて体系化した
実践マニュアル集です。
あんな様に弾けたらいいなぁ~!なんて言ってる場合ではありません!
リスナーからプレーヤーの立場へと変わろう!
リスナーの様に、そのまま、
曲を聞き流していたら、せっかく手元にあるCDもネコに小判です!

<灯台元暗し?>
あなたの持っている曲は、全てギターを上達するための「お宝」です!
実は、
CD、レコード、テープなど・・・
これらは至宝の、お手本だったのです。
耳コピが出来てくると
わざわざ譜面を買わなくても、やりたい曲が入れ食い状態なのです!
せっかく、お宝の山があなたの部屋にあるのに・・・・・。
それが今まで、
あなたへの宝の山だったとは気づいてもいない!なんて。
実に贅沢で、超もったいない話です!
ギターの方から何かをしてくれる訳ではありません。
あなたのギターの価値を引き出せるのは、あなただけです!
「上達」とは、ここの認識から始まります!
最初に、これを取り違えてなければ大丈夫です!


<耳コピの方法には、一定のルールが>!
耳コピ法には、コツ(ルール)がある。
・・・ということです。
実は、
・秘伝の耳コピ法、
・ギター上達ルート
この2つのコンビを
今回
ガッチリあなたに進呈します。
大丈夫!
あなたの後ろには、ガッツリと私が付きます!!

これまで、あなたの中で
もやもやしていた霧が、一気に解消します!



耳コピ上達法の主な目次




前章!




実践用マスタープログラム

何が大切なのか!
やった気分に浸るな!
急速に上達できる3か条
最も効果的な練習とは?
確実に「音感」を身に付ける方法
プロギターリストに向いているか
インディーズからプロへの道
実力がつくチューニングの秘密
ブヮァ~んの威力!
どこで弾ける様になるのか?
上手に弾ける下準備
指を開く練習で基礎を作る
ローコードとセーハ(バレー)
一発で覚えるコードの覚え方
応用が利くコードの覚え方
テンション・コードとは
コードカッティングの応用
超ブラッシング・テクニックのコツ





本章!





どこから始めたらいいの?
順序はどうするの?
始める前に必要なことは?
耳コピに必要な要素
<メロディをコピーするコツ>
どこから手をつけるの?
重要な音を見つける方法
音が聞き取れない時は、
<コードをコピーする知恵>
曲の構成
曲の流れとパターン
コードの仕組みの秘密
コード進行は決め手
メロディとコードの関係
ある音が決め手
<ギターソロをコピーする技>
音階は基本
早弾き耳コピ法
テクニックが作る音色
耳コピの秘密兵器
早弾きを掴む方法とコツ
<曲を見極める方法!>
曲の仕組みを知ると早い!
曲の構成は簡単法
音程の基本(音の探し方)
コードの仕組みとその性格
トライアド(三和音)って何?
スケールはメロディの掟!
コードのルート音が全てを決める
スリーコードの構成と基本
コードをメロディにつける方法
コードをあやつる方法
代理コードは偉大なる脇役者
オンコードは隠れた?
ピッキングの作法
リズムを掴むコツ
右手の訓練とフレーズ練習








このマニュアルには多数の
Webサイトマニュアルが
同様に付いて来ます。
多数の練習曲(TAB譜,midi音源、解説付き)
要所へ豊富な写真や解説・図面と
練習TAB譜を豊富に挿入。







今、お求め頂いた方全員に
スペシャルパックを無料進呈!
(下記、ご案内を参照してください)






<これまで多くの方々からメッセージを頂いてきました!>
何故自分は、ギターが上達しないのだろう?
何故自分は、自由にギターが弾けないんだろう?
その答えは明確です。
上達できる方法を、やって来なかったからです!
今回、多くの要望と共に
あの長期ヒット作「楽しくてしょうがないギター上達法」より、
独占版として、この「耳コピマニュアル」を大公開するに至りました。


筆者紹介



今回、初めての人は、あらためて始めまして!
Try-workshopの田畑俊明と申します。
既に、「楽しくてしょうがないギター上達法」や
メルマガ(mag2)などでご存知の方も多いと思います。
多くの方々から沢山の嬉しいお返事も頂いています。
私のプロフィール









福島県
まだ始めたばかりなので、これからやっていこうと思ってます。
やはりスコアにばかり頼っていられないですね。
実はすでにマスコアにばかり頼っている自分がいました。
これから必ず上達したいと思います。良いマニュアルをありがとうございました!!
神奈川県
内容を読んでみてビックリです!。
斬新というか、手の内を明かさないのがギターリストだと思っていましたので、
ここまで書いてあるマニュアルは凄いです。
新しく得られたモノも多数あったし、やっぱりそうなんだ、というように確認
できる部分もたくさんありました。
あとは実行するだけですよね。今後とも宜しくお願い致します。
和歌山県
最初は詳しくもわからないでPDF版を購入しました読んでいると、そうやるのかと納得する
しかなかったです。申し訳ないですが、できれば秘密にして欲しかったです。
ライバルが増えるのもいやですので(~_~;このマニュアルは良き道しるべとします!
大分県
本日耳コピ上達法を読まして頂きました。ありがとうございます。
真剣にやりたいと思います。私にぴったりです。
ギターの一番大事な部分を解り易く書いてあります。
写真も一杯で、理解して実践すれば、間違いなく上達してゆけると思います。
だからこのマニュアルは限定がいいと思います。向上心の無い人には
売って欲しくないですね(^_^;)
神奈川県
本当に納得でした。特にコツとか!まだまだ自分の練習が足りないと痛感しました。
○○○○についての詳しい解説が素晴らしいです。
神奈川県
読ませていただいて、自分の意欲の薄さ、練習の曖昧さが分かりました。
もう一度、新規一転で考え直し、やり直してみたいと思います。有難う御座いました。
千葉県
文章は、非常に解り易いです。
本当に実践での法則である事がわかります。
やはり実践してきた結果だから良くわかるんでしょうね。
京都府
練習に役に立てたいと思います。ありがとうございます。
何回も読んで迷ったらまた読んでみる。
この繰り返しで、上達に繋げて行きます。
静岡県
今回、改めて自分のやっている方法が欠けている事に気付かされました。
自分の練習では、ぼやけていました。マニュアルをみて、ハッとすることがありました
感謝です。
岐阜県
以前、教材を購入した事がありますが、「それくらい自分で考えましょう。」という心無い一言の
返信によって、その人が信用出来なくなりました。田畑さんはそういう方とは、全く違いますね。
自分の経験や自分の方法を出し惜しむ事なく、提供してくれます。
サポートというより、音楽コサルティングという感じ・・・それでこの金額は相当安いと思いますよ。
遠慮なく、盗み取らせて頂きます。(^^♪今後とも宜しくお願い致します。
東京都
何と言っても解り易いです。
難しい事を難しいまま解説するのは、誰にでも出来ますが、誰にでも解るように、
説明するのは大変な事だと思います。
きっと、ご自身で経験した事だからこそ、こうやって噛み砕いた解説が出来るのでしょうね。
お忙しいでしょうが、お体に気を付けて頑張ってください。
千葉県
内容を読んでみてまず感じた事は・・・そうだとは知らなかった・・・これが、最初に感じた事です。
これが、私の重たい腰をあげてくれました。
マニュアルに書かれている事を自分なりに理解しながら練習、
その結果、徐々にですがギターが弾ける様になってきました。
山梨県
この度は、本当にありがとうございました。
一つ、一つ、確実に行動に移していこうと思っています。
ギターのほうも確実に上達してきている感じです。
これからもノウハウを参考にぐんと上達をしたいと思います。
福島県
早速読ませて頂きましたが、後は、本当に本人のやる気次第ですね。
いや、ここまで書かれていて、出来ないという声は、出てこないはずです。
お忙しいと思いますが頑張ってください。
京都府
何度も読み返して、そうか!と思ったり。自分のペースで、毎日がんばっています。
ありがとうございました。
滋賀県
購入して良かったです。今チャレンジしています。
こうやって次々にやれる事が見つかるのも、マニュアルのおかげです、
ありがとうございました。
福島県
勉強になりました。全ては繋がっているんですね。
これらを自分なりに練習すれば、やっていけると思いました。
群馬県
書いてあることは、シンプルなので解りやすく、それでいて体験から来る力のような物が感じ
られます。これは、今までに多くの経験をしてきた田畑さんならではのモノだと思いました。
今後とも宜しくお願い致します。
群馬県
購入して本当によかったです。わかりやすく、とても親切な文で。
このようなノウハウを提供して頂きありがとうございます。
田畑さんのノウハウのわかりやすさにはもちろん、端的な説明に納得してしまいました。
練習できることから少しずつ始めようと思います。
島根県
すごくわかやすく、今までのノウハウ集の中でピカイチです。
まだ、まだ、わからないことばかりの素人ですが、じっくり勉強して、田畑さんのように
上手になれたらいいです。上手くできるようになりたいです。
広島県
今までのマニュアルよりも解り易かったです。これでは安いと感じています。
色々大変なこともあると思いますが、がんばってください。
京都府
拝見させて頂きました。画像による説明やイラストなど、解りやすくまとめられていますので、
一気に読めた感じです。これなら出来そうです。難しく考えすぎていたのでしょうね。
早速頑張ってみますので、宜しくお願い致します。
北海道
マニュアルをいただいて、「やりたい」という気持ちが「やれる」に変わりました。
ポイントを押さえた分かりやすい内容、「次に何をすればよいのか」を一瞬も迷うことがなく、
安心して進むことが出来ました。ありがとうございました。
茨城県
田畑さんの事は、メルマガを拝見して知る事ができました。
メルマガの内容も、ちょっとした事から、「 なるほど! 」と思ったり本当に勉強させ
て頂いています。マニュアル届きました。本当に始める為には最適の内容です。
画像の解説もあり、本当に読みやすかったです。
奈良県
マニュアルは多ければいいとは思ってなかった
のですが、必要な部分を必要なだけ書いてあるマニュアルで感激しております。
福岡県
具体的に、こうすれば良いということが書いてあって、何をすれば良いのか?よく解りました。
ありがとう御座います。
愛知県
これなら始められますね。良い内容でした。
為になる事ばかり書かれていますし、これはギターリストしか
絶対に作れないマニュアルですね。大変良かったです。
東京都
今まで、自分でやっていた方法がどれだけ無鉄砲か解りました。
これからは一生懸命練習していきます。これからもお願いします。
静岡県
恥ずかしながら、ギターはこんなに奥の深い物だったんですね。
自分の無知さに腹が立ちました。今からでも遅くないですね。
練習していきたいと思います。






自分の上達に、ごまかしは通用しません!
上達するのに偶然はありません。

ギターを弾きたい人は、沢山いらっしゃいます。
しかし、
その中で、上達が出きる人と、そうでない人が出てきます。
一体どこが違うのか!
上達する人には、




知っている。
解ってる。
再現できる。





この3つが「全然違うのを既に感じ取っているからです」

<耳コピが、なぜそんなに楽しいの!>
それは、単純!
自分の好きな曲が、直接選べて練習が出来るからです!
要領さえ解れば、次から次へと曲が弾けてゆきます!
しかも、ギターの腕前もみるみる上達してゆきます。
耳コピをする要領(コツ)は、あることを知れば出来る様になります。
全て、あなたに明かします!!

それだけではありません。このマニュアルでは、
曲が弾けるだけではなく自分流に変えることさえできます。
耳コピは行う人によって自由自在の上達法です。
つまり、あなた色に染めて行かれる上達法です。
これらは、耳コピの成果のほんの一部なのです!

一度、耳コピを知れば
「今までの自分は一体何をしていたのだろう!」と
あなたはきっとそう思ってしまうでしょう。
なぜなら、
自分がどれだけ狭い視野の中にいたかが分ってしまうからです。
下記のマニュアルの中に
耳コピと上達の全てを、ギッシリと詰め込みました。






[限定版 ]
耳コピ方法で上達するギター練習法 Ver.2


Ver,2はギター限定製作品です。



No.1 耳コピ方法で上達するギター練習法(本編)



No.2 Webサイト・マニュアル(図解、TAB譜、midi音)(本編)



No.3 あの曲を弾く:TAB、midi、(スロー再生等)(本編)





【お届け方法】 PDF(電子書籍)とWebサイト・マニュアルのダウンロード提供。
<準備>
◆エレキ、フォーク(アコギ)兼用、フラット・ピッキング専用マニュアルです。
◆スピーカーを備えたパソコン(通常のもの)で閲覧が可能です。
◆携帯電話でのマニュアルの閲覧は、現時点ではできません。
◆ご自身でギターを持っていることが必要です。
-----以上、ご了解ください。

「全セット限定価格」下記Special Packを含む。
価格 ¥9,800円(税込)
トリプルブッキング+特典つき「限定スペシャル」付き






(株)インフォトップの決済システムを使っています、
SSL暗号通信によりご送信内容は安全に保護されます。





◆銀行:郵貯ほか、カード決済やコンビニ決済
◆電話・FAX注文での注文もOK!
ご利用いただける決済先


(上記画像参照)
◆「銀行」や「カード決済」:「コンビニ決済」:「ビットキャッシュ」
だけでなく
◆電話・FAX注文での注文もできます。







e-Book(電子書籍)って何?



郵送代やパッケージ代の料金が必要なく、その分お安くお渡しできます。
e-Book(電子書籍)は、アクロバットリーダーというソフトで自由に読め永久に保存も出来ます。
アクロバット・リーダー(アドビリーダー)とは、PDF(電子書籍)を読むためのアドビ社の無償ソフトです。
無料で頒布されている「アクロバットリーダー」を利用することにより、原則として誰でも読み取りが可能です。
ダウンロード







ご購入の方だけのプレゼント





耳コピギター上達法「入門の章」:Special Pack!

今回、「耳コピ上達法」を お求めの方にもれなく
「ピッキングマニュアル」と「曲を弾くトレーニング集」
「初めてのギター上達法」の eBook 3冊を無料進呈。








★【秘蔵版】特設マニュアルの配信★





他では到底得られない
秘蔵
上達アドバイス!

読むだけでパワーアップ!
購入者様だけに
著者が語る
限定版・上達ガイド!
お楽しみに!









ギターを弾くのと上達するのは違います!
上達は未来に向かっての進行形なのです。
どの様に弾いてゆくのか!誰もが自由に選べます。
結果か見えないまま、または知らないままに
進むことほど頼りないことはありません。
しかし、いずれそのどちらにも必ず結果は出ます!
「耳コピが出来ないでギターを上達した人などいません!」
ギターを上達してゆくのに、秘密の方法などは存在しません!

ギターは忠実です、弾き手次第!
自分が進歩しないで、どうしてギターが上手くなるのでしょう。
他人に教えてもらうには、時間の都合やお金が必要になります。
そして、
ある程度まで満足出来るまでには、このマニュアルの
数倍、いえもっと多くの金額がかかるかも知れません。
おまけに
依頼心を持ったまま他力本願という欠陥から抜け出せないで、
その先も持ち続けることになるのです。
もうあなたは、
この様なレベルで悩む様なことはありません!
本来は、例え一人でも
ギターは、やればやるほど献身的に答えてくれるものです!
これがギターです!


お知らせ!
このマニュアルは、熱く息づいて燃えています!
バージョンアップされると価格の再設定も視野に入れなくてはなりません。
時期的にも、今のサービス時期が絶対にお得です!!

トリプルブッキング+特典つき「限定版スペシャル」を含む!


銀行、郵貯の他、カード決済やコンビニ決済ができます。





(株)インフォトップの決済システムを使っています、
SSL暗号通信によりご送信内容は安全に保護されます。






(上記画像参照)
◆「銀行」や「カード決済」:「コンビニ決済」:「ビットキャッシュ」
だけでなく
◆電話・FAX注文での注文もできます.




ギターは万人に開かれた素晴らしい楽器!
ギターは、あなたの熱意に忠実に応えてくれる一生の相棒です!
そして楽しくてしょうがない醍醐味をあなたに与えてくれる親友です!
このマニュアルを縦横無尽に、ご利用されながらギターを弾く素晴らしさを
お伝え出来れば幸いです。
Try-workshop.Inc



■著作権と個人情報の保護
本ウェブサイト内の全てのコンテンツの著作権は、Try-workshopに帰属します。
私的使用するための複製、引用を除き、営利目的での無断転載・複製等、
著作権を害する一切の行為を禁止します。
オプトアウト制度(個人情報の保護に関する法律第23条第2項)を遵守して、
ご本人の権利や利益を不当に侵害しないよう第三者に提供することはありません。






特定商取引に関する法律に基づく表示
Copyright (C) 2005-2009,Try-workshop. All Rights Reserved









詳細を見る
アフィリエイトブログ=小悪魔的☆キャバ嬢SAKURAのアフィリエイトBlog
  1. 2011/01/30(日) 22:40:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

【世界最新ゴルフ上達プログラム】

膨大な量の実際に使える超実践的な護身術を紹介。



【世界最新ゴルフ上達プログラム】




function utmx_section(){}function utmx(){}
(function(){var k='3554413374',d=document,l=d.location,c=d.cookie;function f(n){
if(c){var i=c.indexOf(n+'=');if(i>-1){var j=c.indexOf(';',i);return escape(c.substring(i+n.
length+1,j























世界最新ゴルフ上達プログラム















いつでも同じようにボールがまっすぐ飛ばせて、
しかも飛距離が出るスイングとは・・・
このサイトは、ゴルフのスコアがなかなか良くならないと悩むあなたのために作成しました。練習場で何も考えずにゴルフクラブを振り回していてもゴルフは上手くなりません。
スコアアップのためには、正しい理論に基づいたスイングに
改善するのが最も効果的です。
世界最新の左一軸スイングを身につけた人は…

スライス、フックが無くなり、まっすぐ飛ぶようになりました。
飛距離が10~50ヤード伸びました。
結果的にスコアが大幅にアップしました。
いつでも同じスイングができるようになりました。

このようなことを書くと、うさんくさいと思われるかもしれません。
しかし、これは既に全世界で3,000人以上が経験しているまぎれもない事実をそのまま書いているだけです。
もしあなたも、「ボールが曲がってしまう」「飛距離が伸びない」と悩んでいるのであれば、
このページを読み進めてみてください。
このページを読めば、知らず知らずのうちに世界最新の
左一軸スイング理論を吸収できるように書いてあります。







※注意
これからまっすぐ飛ばせて、しかも飛距離が出る左一軸スイングをお教えしようと思いますが、
読まない方がいい方がいます。
それは、頑固に昔のことに固執して、新しいものを受け付けない方です。
新しいことを受け入れる気があり、真摯にゴルフ上達を願う人だけお読みください。


日本人が知らないゴルフスイングで、
全世界で既に3,000人以上がスコアアップ
させています。


今までの常識と180度違うスイングですが、実践した人からは
「スライスが無くなりました」
「球筋が良くなり、飛距離が伸びました」と、
喜びの声が届いています。







80台のスコアが普通に出せるようになりました
ベストスコア 103→85
東京都 佐竹 吉信さん(50歳)
左一軸打法を知るまでは、自己流も良いところで中途半端なことをやっていました。体力がある方ですし、背も高いことから力任せのゴルフでもドライバーはある程度飛んでいました。
しかし、
問題は正確性、再現性が全くなっていなかったことです。
この左一軸打法に出会い、
一年余り試行錯誤しながら自分なりに考えながらやって来ました。
おかげさまで、やっと80台のスコアーが普通に出せるようになりました。
長いクラブの安定度が増し、ドライバーショットが非常に得意になりました。
スウィングの再現性が高まったことでこんなにゴルフが楽しくなるものかと
改めて実感している毎日です。
ありがとうございました。












仲間から「最近調子いいね!」と言われます
平均スコア 87→82
東京都 阿川 茂さん(62歳)
還暦を迎えた頃から急激にゴルフの質が低下しました。
ドライバーが飛ばない、アイアンがフックする、シャンクが出る等でピーク時のHC9(40歳~50歳代)から徐々に下がり始め現在はHC16になってしまいました。
何とかしたいとクラブを変え、レッスン書を買いあさり、練習場に通いましたがなかなか改善しませんでした。
そんな時、たまたま小池先生のHPに出会いオジーのスウィングと理論を見て、今まで自分がやってきたゴルフと何か違うなと思いました。
そこでDVDを購入し左一軸打法を学び、小池先生のレッスンを受けたことで、
そのあとの月間平均スコアが82.4と前月の平均87を大きく上回りました。
何が変わったのか・・
ドライバーが20ヤード伸びた、アイアンの方向性が良くなった、
そして何より改善した理由(左一軸打法の理論)が理解できたことだと思います。
いつも一緒の仲間たちから「阿川さん最近調子いいね」
と言われて大変うれしい思いをしています。
小池先生には「まだまだだ」と怒られそうですが、
私の目標である小池先生に一歩でも近づくために努力を重ねて行きます。












過去に購入したレッスン書は全部捨てました
ベストスコア 94→87
神奈川 渡辺重信さん(69歳)
左一軸打法に出会ってつくづく良かったと思っています。
この打法を知らなかったら練習の回数も減り、ラウンド数も徐々に減ってゴルフをやめていたかも知れません。
退職後本格的にゴルフを始め、レッスンプロの指導を受けたり、○○打法といった本やDVDで研究し、
ゴルフ雑誌も読み漁りました。しかし、いっこうに上達せず100前後のスコアが続いたままでした。
結局、曲がらず飛距離がでるとの
宣伝につられて、クラブを買い換えるの繰り返しでした。
しかし、この一軸打法は合理的で単純な動作で自然に捻転差ができ、
左股関節を軸に身体をまわせば、腕は腰につられて振られ、
真っ直ぐに番手通りにボールが飛んでいきます。
最近練習場では100ヤードの小さな看板に何発当てたかを励みにしています。
練習している人の90%はフォローからフィニッシュが決まらずお世辞にもスマートなスイングといえません(以前は私もその一人でした)。
左一軸打法では何の意識もせずにこれがピタリと決まります。
過去に購入したレッスン書は全部捨てました。
いつまでも格好よいゴルフを続けるため練習に励んでいます。










「なんでまっすぐ飛ばないんだ!」
ティーショットを打った瞬間、大きく曲がって林の中へ。一打目からOBです。
打ったゴルファーは悔しさのあまり、クラブを地面に叩きつけんばかり。
「なんで練習場のように、まっすぐ飛んでくれないんだ・・・」
がっくり肩を落として、友人のナイスショットをうらめしそうに見つめます。
あなたも、こんな経験ありませんか?
しかし、ボールが曲がるのは当然のこと。
なぜなら、今の日本では古い常識が当然のように信じられているからです。
・体重移動が一番大事だ
・回転を速くしてボールを飛ばせ
・肩を大きく回して勢いをつけろ
などなど。
こんな間違った常識を信じ、ゴルフがうまくならないと嘆くゴルファーがなんと多いことか。
ボールが曲がったり、スコアが大崩れするのは
あなたのせいではありません。
間違ったゴルフ理論を堂々と垂れ流す雑誌やテレビ、
そしてゴルフを教える立場の人々が悪いのです。





いつもの練習場。
いつもの場所。
いつも通り打席に立ち、私は球を打っていました。
違ったのは、一人の男性が、声をかけてきたことです。
「あの、もしよかったらスイングのご指導いただけませんか?」
聞いてみると、声をかけてきたその男性の職業は、
ゴルフのレッスン・プロだと言うではありませんか。
プロなら、もう他人に習うことはないはずだと、私は丁重にお断りしようとしました。
ところが、よくよく話を聞けば、
「私がゴルファーをダメにしたんです」と言わんばかり。
今までのゴルフ理論を教えていいのか、自信がなくなったというではありませんか。
彼が言うには、



× 日本で常識となっているゴルフ理論は個人の経験、体験がもとになっているものが多く、
 正しい理論に裏付けされたものではないこと。
× 机上の空論が多く、正しく実践できるものはほとんどないこと。
× いろいろな情報が氾濫していて体系的にスイングを学べるところがないこと。


そうしてそのレッスン・プロはかねてから日本のゴルフ理論に疑問を抱いており、
自信を持って教えることができなかったそうです。
このレッスン・プロはわかっていたのです。
今までの日本のゴルフ理論は、ウソが多いことを。
そして、海外の、ある伝説のゴルファーから習ったスイングを実践する私を見て、
「飛んで曲がらない」このスイングが今後の主流になることを見抜いたのです。


自信を持って生徒へのコーチングが出来るようになりました
千葉県 ゴルフレッスンプロ Tさん
小池先生との出会いは、あるゴルフレンジでした。
そこで小池先生の「ボールが曲がらない」スイング理論をお伺いし、
ご指導をお願いすることになりました。
この理論とは、クラブにボールが当たる前後のフェイス面を意識したもので、
手首を使いすぎず、無駄のない動きをするというものです。
私自身、ゴルフ歴は19年、ゴルフレッスンのコーチをしておりますが、
小池先生の理論を学び、自分の技術となった現在は、
自信を持って生徒へのコーチングが出来るようになりました。
常に新しく変化していくスイング理論を日々研究し、
ご指導くださる小池先生の取り組みと努力は、心より尊敬しております。
今後も進化する小池先生のスイング理論を学び、ご指導賜りたいと思っています。





はじめまして、小池幸二と申します。
慶応大学卒業後、テレビ局のTBSを経て、オージー・ゴルフ・ジャパンLLPの
代表をつとめ、レッスン・プロやアマチュアゴルファーにゴルフを指導しています。
私は今でこそ、そこそこの結果を残せていますが、
162cm、握力25kgと体格にめぐまれず、
かつてはゴルフ上達をあきらめていました。
ところが、現在では、オージー・ゴルフ・ジャパンLLPの代表として
レッスン・プロにスイングを指導するまでに上達しています。
どうして私はゴルフが上達したのか。
なぜ、私に習った生徒は、次々に結果を出すのか?
今、あなたに公開しようと思います・・・。





私はTBS(テレビ局)に勤めていた関係で、
海外の有名なプロゴルファーと接することもありました。
ジャック・二クラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等、
世界一流プレーヤーのレッスンTV番組をプロデュースし、
一流ゴルファーのスイングを間近で観察する機会に恵まれました。
確かに、欧米人の恵まれた体格をさっぴいて考える必要はありますが、
海外のゴルフ理論は、きちんと根拠に裏付けされたものが多く、参考になるのです。

それに引き換え、日本のゴルフ界には、自分の経験、体験をもとに指導する人が多く、正しい理論に裏付けされたものはほとんどありません。
しかも、トーナメントプロとして活躍して自分自身で実践し、
なおかつ、誰にでも教えられる指導方法をマスターしているという、
この2つを満たす人が見当たりません。
多くのゴルフ雑誌やホームページでゴルフ理論を目にすることがありますが
それぞれが異なったことを言っており、体系化して学べる環境がありません。
私は日本のゴルフ界の未熟さにがっかりしながらも、色々な方法論を取り入れながら
これまでに100回以上、スイング改造をしてきました。
その結果、草津カントリークラブと東京湾スプリングスで合計5回、
クラブチャンピオンを達成したこともあります。
こうして自分が上達した経験をもとに、ゴルフ仲間に指導し、
一定の成果をあげていましたが、もっと効果的で画期的な
指導方法はないかと、つねづね探していました。
すると、アマチュアゴルファーでも驚くほどゴルフが上手な国が
たった一つだけありました。
それは、アメリカやイギリスではなく、オーストラリアでした。





私はかねてから、オーストラリアのゴルフのレベルの高さに注目していました。
世界ランキング1位を通算331週保持した伝説のゴルファー、
グレグ・ノーマンを輩出した地でもあり、
石川遼選手が57位に入ったことでも話題になった2009年の世界ランキングで
8位にランクインしたジェフ・オギルビー。
そのほか、「女性版タイガー・ウッズ」と呼ばれるカリー・ウェブや
「ホワイト・タイガー」と呼ばれるアダム・スコットなど、
多くの優秀な選手がオーストラリア出身です。
それだけでなく、アマチュアゴルファーのスイングも日本と比べて
格段にすばらしく、ぜひその秘密を知りたいと思っていました。
そこで、プレーヤーとしてオーストラリアツアーで賞金王に輝き、コーチとしても5年連続トップインストラクターに選出されている、
プレーの腕も指導の腕前も一流の、カリスマコーチのところに
ゴルフを学びに行くことにしました。





彼の名は、オジー・モアと言います。
トーナメントプロとして賞金王に輝き、レッスン・プロとしても
5年連続トップインストラクターに選出された
海外では超有名なプロゴルファーです。
ゴルフを習うなら
彼を置いてほかにはいないと言える逸材です。

◆オジー・モア(Ossie Moore)◆
1985 豪州ツアー賞金王、プロ5勝、全米オープン他メジャー6回出場。
片山晋呉プロを輩出したアズメディアゴルフアカデミーの、
オーストラリア校チーフインストラクター。
豪州ツアーとヨーロッパツアーのテレビ中継をするフォックススポーツ
(スポーツ専門チャンネル)ではコメンテーターを10年以上務めている。
週一回放送のゴルフ30分番組の中のレッスンコーナーも担当。
三次元のコンピューター技術を活用して、パワーと方向性の両立した
合理的なスイング理論を研究。
彼のレッスンを受けたいという生徒が世界中から集まり、
オーストラリアゴルフダイジェストが選ぶ
トップインストラクター50人に5年連続選出。
指導を受けた生徒は「飛んで曲がらない」スイングで
大幅なスコアアップを経験している。

私は古い日本のゴルフを捨て、圧倒的な結果を出している
オジーのスイングを盗むために、オーストラリアに留学を決めました。
ところが、いざオーストラリアに渡り、彼のレッスンを受けてみると、
彼の言うことにはびっくりさせられてばかりだったのです。
例えば、、、
「体重移動が大事だ、なんて言っている人いるけど、
困っちゃうよね、ウソ教えられちゃ。まさか、信じてないでしょ?」
なんて言うのです。





両足でバランスよく構えて、テークバックで右に体重を移し、
インパクトの時には左足に体重を乗せて打つ。
これが常識ですよね?
でも、オジー・モアは
「体重移動してはいけない」なんて言うのです。
体重移動しなければボールが飛ばないだろう。
そんなことも知らずに、ゴルフのレッスンをやっているのか?
私は一瞬、不信感をいだきましたが、私が参加していたプログラムは、
日本からプロの選手も習いに行くほど、クロウトの間で評判になっていた学校です。
ましてや、コーチはあのオジー・モア。
きっと、何かワケがあるのだろうと、いったん自分の考えを胸にしまいました。
そうしてオジー・モアが打つのを見てみると、
彼の打つボールはことごとくまっすぐ飛びます。
狙った方向に吸い寄せられるように一直線に、しかもよく飛ぶのです。
そんな彼のスイングを見たら、確かに体重移動しているようには見えない。
ムダの無いスイングで、いともラクそうに振っているのです。

オジー・モアのスイングをご覧ください↓
動画
※再生ボタンをクリックで動画がスタートします。
※音声が流れますのでボリュームを確認してください。

これは何か秘密があるに違いない、と思った私は、
彼の話を注意深く聞いてみました。





オジー・モアが言うには、
体重移動こそが、ボールを曲げる要因になるということでした。
まっすぐ飛ばすためには、インパクトのときにフェースがターゲット方向を
向いている必要があります。
猛スピードで振り下ろされるクラブヘッドをコントロールし、
フェースをまっすぐに保つのは、ただでさえ困難です。
これに体重移動が加わるとなると、体が大きく左右に揺れることになり、
インパクトの瞬間をコントロールすることは至難の業。
タイミングが少しでもズレると、ボールは大きく右か左に
曲がってしまうことになります。
なるほど、確かにゴルフは長いクラブで小さいボールを打つもの。
当たる瞬間のフェースの角度を調節するというのは針の穴に糸を通すような、
非常に繊細な作業が要求されます。
もし自分が一生懸命、針に糸を通そうとしているときに、
隣の人に椅子を揺らされたら、糸を通せるはずがありませんよね。
ゴルフで体重移動をするということは、わざわざ自分で体を揺らし、
当てにくくしているのと同じこと。
フェースがまっすぐにならず、ボールが曲がってしまうのは当然のことなのです。
オジーは続けました。
「構える時に、最初からほんの少し、左足加重で構えてみてください。
左足に55%ほど体重が乗るイメージです。
インパクトの瞬間はどのみち左足加重になるのですから、最初からそうしておくのです。」
なるほど、どうせなら最初から左足に体重を乗せて構えておいて、インパクト時の状態にしておけ、ということのようです。

オジーの構え。左足加重になっているのがわかります。
日本で言われているのとはまったく異なる構え方ですが、オジーの言うままに、
私は構えてみました。
2、3球打ったころはどうしても違和感があり、なかなかうまく飛びませんでした。
しかし、5球も打ったころになると、ぶれることが少なくなり、
芯に当たってまっすぐ飛ぶ確率が格段に上がるのを実感しました。
私は、オジーの理論を信じてみようと思い始めていました。
すると彼はまた、驚くようなことをいいました。





腕をくっつける?
打ちにくくてしょうがなさそうだけどと思いながら、話の続きを待っていました。
オジー・モアのスイングを見る限り、一般的なスイングよりずっとコンパクトで、
楽に振っているように見えるのにまっすぐよく飛んでいたからです。
彼の話はこうでした。
多くのスイング理論は腕を振って腰を回すスイングですが、
このスイングは非常にミスが生まれやすいとのことです。
というのも、腕と腰が動くタイミングを一致させなければいけないからです。
もし、腕が先行してしまえばフックになり、腰が先に出てしまえばスライスになります。
別々の部分を別々に動かすのに、そのタイミングを完全に一致させるのは、
かなりの練習を積んだプロでも難しいことです。
なるほど、確かにそうです。
まったく違う2つの動きを同時にやろうとするのは、かなりの困難がともないます。
(左手でひらがなを「あ」「い」「う」と順番に書き、
同時に右手で数字を「1」「2」「3」と順番に書くのは難しいですよね)
調子が良い日にはまっすぐきれいに飛ぶけれど、日によって飛ぶ方向が違ったり、
ラウンド中に大きく崩れることがあるのは、腕と腰の2つのタイミングを
毎回一致させるのが難しいということに原因があります。
だったら、2つ別々に動かすのではなく、くっつけて1つにしてしまえ
という発想です。
つまり、ダウンスイングのときに右腕を体に密着させて、
腰で打ち抜くようにすればいいのです。
体の部分で最も鈍感(どんかん)な腰を積極的に使う一方、
最も敏感(びんかん)な腕を脇に付け、腕の動きを押さえることによって、
いつも同じスイングが出来るようになるということです。
私もそのスイングをやってみましたが、やはり最初はちぐはぐな
動きになってしまいました。
ところが、5球も打ってみると、コツがわかってきました。
腕を体にくっつけるというのは、右脇を閉じるようなイメージでやれば
スムーズにできるのです。
私はそれまでボールが芯に当たるのは偶然にしかすぎませんでしたが、
これを覚えてからは毎回安定的にヒットでき、
気持ちよくまっすぐに飛んで行く確率が大幅に上がりました。
しかも、この打ち方は手の力で打つのではなく、
体の中の大きな筋肉(体幹)を使って打つため、
コンパクトなスイングなのに飛距離が大きく伸びるのです。
ここまでのレッスンで、私はすでに自分のスイングが
大きく改善されたことを実感していました。
ここまでに打った球数は50球にも満たないと思います。
たったこれだけのレッスンで上達するんだから、
全部身につけたら以前とはまったく違ったゴルフができるに違いない。
なんとしてもオジーのスイング理論をすべて習得して帰るぞ、
と私は前のめりになってオジーの言葉に耳を傾けていました。





オジーは言いました。
「ボールが曲がってしまうのは、身体のぶれ、タイミングのずれなどで
スイング時にクラブヘッドが狙ったコースを通らないからですね。」
なるほど、確かに思ったとおりにスイングできれば、
狙った方向にボールは飛ぶでしょうね。
オジーは続けます。
「クリーンヒットし、まっすぐ飛ばすためにはスイングのときに
クラブが毎回決まったコースを通ることが必要です。」
そうですね。毎回同じ軌道でスイングできれば、いつも同じ球筋が出るでしょう。
ここまでは、素直に合点がいきました。
ところが私は、次の言葉に耳を疑いました。
なんとオジーは、次のように言ったのです。
「そのためには、左の股関節(こかんせつ)を『軸』にするのが
良い方法です。」
左の股関節を軸に? 一体どういうことなのか?
軸というと、一般的には身体の中心である背骨を軸にすると良いと言われています。
ところが、オジー・モアは、左の股関節を軸にすると言いました。
私は英語の解釈が間違っていないよな、と確認をしながら、
やはり確かにオジー・モアは左の股関節と言ったのだ、と驚いていました。
左の股関節を軸にするとは、一体どういうことなのか?





私はここからがこのスイング理論のキモだと直感し、オジーの話を
一言も聞き逃さないように注意深く聞いていました。
オジーが語ります。
「身体のどこに軸を作るかというと、左の股関節(こかんせつ)を上下にとおる線を
軸にするのです」
なるほど、左の股関節を縦に通る線をイメージし、それを軸にするということ
だったのです。
「さらに」
とオジーは続けます。
「左股関節を軸にすると、芯に当たる確率がずっと高くなります。
というのも、左股関節を軸にすれば、インパクトゾーンが広がるからです。」
左股関節を軸にしたらインパクトゾーンが広がる?
また即座には理解できない話でしたが、オジーが図を描いて説明してくれました。
「いいですか?一般的なスイングを真上から見るとこんな軌道を描きます。」

「体の中心で回りますから、急カーブを描くわけですね。」
「そして、このライン方向に飛ばしたいとします。」

「すると、この位置でインパクト、つまりボールを打つわけです。」

「これだと、円と線がぶつかる、たった1点で当たったときだけ、
まっすぐに飛ぶことになります。」
「しかも、体重移動までしているわけですから、
この1点に合わせるのは大変難しいのです。
少しでもズレると左右にボールが飛びだしてしまいます。」
オジーは続けて説明します。
「これに対し、左股関節を軸にする場合、スイングの軌道はこうなります。」

「細かい説明は省きますが、先ほどよりゆるやかなカーブを描きます。」
「これに、ターゲットへ向いたラインを描き加えます。」

「するとどうでしょう?ここからここまでのゾーンで当たれば、
どれも芯をとらえてまっすぐ飛ぶはずですね。」

「このように、左股関節中心のスイングをすると、
体の中心で回転をするときよりもインパクトゾーンが長くなり、
高い確率でクリーンヒットできるようになるのです」
しかも、インパクトゾーンが長くなると、それだけスイングのパワーがボールに伝わり、
飛距離が大きく伸びるのです。
私はこの説明を聞き、なるほど、そうだったのか、と大きくうなずいていました。
今まで言われていた、背骨を中心とした軸だと、
狭い1点で打たなければいけませんでした。
ところが、左股関節を軸にすることによってストライクゾーンが広がり、
ミスの確率が圧倒的に少なくなり、飛距離も伸びるのです。
ゴルフは10回打って1回でも大きく失敗をすると、
その後のすべてが狂ってしまうことがあります。
1つのホールでティーショットを失敗し、そのあとガタガタに崩れてしまった、
という経験をしたことはないでしょうか。
ゴルフは、毎回確実に、良いショットが打てなければ
良いスコアに結びつかないのです。
そのためには、何度でも同じショットを再現できる必要があります。
それには、ストライクゾーンが広がるこのスイングは、
この上なく魅力的に映りました。
でもここで、ふと疑問がわいてきました。
軸が身体の左側にあったら、回転するとき、ふらふらしてしまうのではないか?
どう解決するんだろうと考えていたら、オジーが説明してくれました。
「一般的な理論では、腰と肩を『回転』させますが、
このスイングでは、『捻転(ねんてん)』、つまり捻る(ひねる)のです。」
私は耳を疑いました。
軸を中心にひねる?
回転をしてこそヘッドスピードがついてよく飛ぶのというのは常識なのに、
体をひねるだけでいいだって?





「回転させると、一見、スピードもついてよく飛びそうに見えますよね。
でも、実はひねったほうがよく飛ぶのです。」
オジーは続けます。
「ひねる動作は、身体の中の大きな筋肉(体幹)を動かすことになります。
体幹を使うことで大きなパワーを生みせるのです。」
なるほど、回転というのは実は体幹のパワーを生かしていません。
つまり、ひねることで身体の筋肉の力を十分に生かすことができるのです。
「捻転することで大きなパワーを生みだし、体に負担のかからない
コンパクトなスイングでありながらも風に左右されない重いボールとなって飛び出し、
まっすぐ遠くに伸びる球となるのです。」
なるほど、ボールを飛ばすには、回転をするのではなく、
腰と肩の角度差を大きくすることによる捻転が必要だったのです。
だから、いくら腕を速く振っても、回転スピードを上げても
実際にはパワーが出ないため、ボールが飛ばなかったのです。
今まで日本で試してきた100種類以上のスイング理論では、ここまで合理的に説明でき、
しかも実践できるものは何一つありませんでした。
ところが、今、目の前にあらわれたこのオジー・モアのスイング理論は、
思わず口をあけたまま大きくうなずいてしまうほどの説得力があり、
しかもオジー・モアがそのとおり実践しているのです。
こんなに曲がる確率が減り、しかもそれを何度でも再現できるスイングは、
これまでどんな本でも、どんなトッププロからも学ぶことができませんでした。
それが、オジー・モアというトップコーチによって、
いとも簡単に示されてしまったのです。





私は、なんとしてもこのスイングをマスターしなければならない、と思いました。
私はオジーの話を何度も頭の中で繰り返し、
左の股関節の軸をイメージしてスイングを練習しました。
すると、何回でもまっすぐ遠くへ飛ぶのです。
決してまぐれで良い球が打てるのではなく、
何度でも何度でも繰り返し同じ球が打てるのです。
これまで何百回、何千回とクラブを振ってきましたが、
ここまで気持ちよくボールを打てたことがあったでしょうか?
しかも、まっすぐ飛ぶだけでなく、飛距離まで出るようになり、
「捻転」の力を思い知らされました。
私を含め、オジーのスイングを身につけた人は例外なく、飛距離を伸ばしているからです。
また、このスイングは、安定性があるため、
コースへ出ても崩れることがありません。
さらに、このスイングはウェッジからドライバーまで同じスイングで打ててしまうのです。
私も以前はティーショットに若干の不安をかかえていましたが、
このスイングを身につけてからは思い切り飛ばせるようになりました。
日本のプロゴルファーの大多数が、フェアウェイキープ率60%に満たない中で、
オジーのスイングを身に付けた私は、
フェアウェイキープ率が80%を超えるまでになったのです。
私は、この素晴らしいスイング理論を、日本人が知らないのはもったいない。
そう思い、日本で広める決心をしました。





オジーのレッスンが終わってからも、自分のスイング確認だけでなく、
年々進化するゴルフ理論を習得するため、
私は2001年から毎年、計9回ほど、オ-ストラリアに留学しました。
特に、他の生徒へのビデオレッスンや、豊富なドリルを使った指導方法に立会って吸収し、
またオジーからもその指導のポイントを詳しく教授してもらいました。
その間、オジーから正式に許可を受け、オージー・ゴルフ・ジャパンLLPを設立。

そうして私はオジーのスイング理論を指導することになったのです。
オジー理論を会員さんに指導したところ、
「安定してまっすぐ飛ぶようになりました」
「フェアウェイキープ率が格段に上がりました」
「ベストスコアが90を切りました」
という声を聞くようになりました。
こうして私はこの理論が万人に通用することを確信するに至ったのです。
「コースに出るとボールが曲がってしまう・・・」
と未だに悩んでいる人がいるのを目にすると、私は、非常に心苦しくなります。
オジーのスイングさえ身につければ、
いつだってまっすぐ飛ばせるようになるのに。
ほとんどの日本人は、オジーのスイング理論を知らないだけなのだ。
だから、こんなに悩んでいるのだ・・・。
私は、とても大きな責任を感じているのです。
私がオジーのスイングを広めなければ、日本人はこのスイング理論を知らないまま
古い常識のもと間違ったゴルフを続けるのだ・・・。
私は、オジーのスイングを身につけてスイングが大きく変わりました。
スライスやフックが無くなり、飛距離も伸びました。
私がオジーのスイングを教えた会員さんも、全員が同じ経験をしています。
ということは、このスイングを身につければ、ゴルフが上達する、
いや、根本からゴルフを変えられると言うことができるのです。
オジーから私が教えてもらったスイングは最近、日本でも
左一軸打法として注目されてきています。
ただし、オジーのように体系的に左一軸打法を教えられる人を私は知りません。
あなたも、オジーの世界最新のスイングを身につけたいと思いませんか?





オジー・モアのスイングを身につけようと思ったら、
それはオーストラリアに留学するのがベストです。
ですが、なかなかそんなまとまった時間を取ることは難しいだろうし、
かなりの費用が必要になります。
しかも、英語での説明になるので、細かいニュアンスまで聞き取ろうとするには、
どうしても困難があると思います。
そこで、オーストラリアに行ってオジーに教えてもらわなくても
この打法を身につけられるように
オジーのスイング理論を徹底解説したレッスンをDVDにまとめました。
このDVDを見れば、オジーのスイングを理解し、
身につけることができる決定版とも言える内容です。
では、少しだけDVDの内容をご紹介します。





「ボールが曲がってしまう」
「うまくいくときと失敗するときの差が激しい」
と悩んでいませんか?
実は、よく飛んで曲がらない球を、いつも何度でも打てるスイングがあります。

このスイングを身につけたあなたは、まぐれではなく、
いつでもまっすぐ飛ばせる実力が身に付くことでしょう。





グリップは、体のパワーをクラブに伝える重要な役割を果たします。
必要なパワーを伝え、まっすぐ飛ばすために最適なグリップ方法があります。
左手と右手、それぞれ違うタイプの握り方をすることで
飛んで曲がらない球を生みだすグリップをお教えします。





インパクトのときには誰しも左足加重になるもの。
だったら、最初から左足加重で構えてしまえばいいのです。
「飛ばないのでは?」との心配も要りません。
ジャストミートする確率を上げ、しかも飛距離まで伸ばしてしまう
アドレスの取り方をお教えします。





クラブヘッドがトップに行った時点で、
既にミスショットかナイスショットかは決まっています。
まっすぐ飛ばすためのテークバックの3段階をお教えします。
これを知らずにテークバックしていては、
10回に8回はミスショットになってしまいます。





肩を大きく回してスイングすれば飛距離が伸びると思っていませんか?
実は、それでは飛距離が伸びるどころか、ボールが曲がる原因になってしまいます。
肩を回すよりももっと合理的に飛距離が伸ばせ、
しかもまっすぐ飛ばす方法があるのです。





肩を回転させた勢いでボールを打つのは、今までの振り方です。
オジーのスイングでは限りなく縦に近い方向にクラブを振り下ろします。
この上下の動きが、安定した球筋をつくる秘密なのです。





ほとんどの人がこれを知らずに、腕でクラブを振ろうとしています。
この部分をうまく使えれば、無駄な力の入らないスムーズなスイングになります。
肩や腰ではない、その身体の部分とは?





実はゴルフスイングに役立つのが野球のスイングです。
野球の一つのポーズに、ある「ひねり」を加えることで
ゴルフスイングを改善することができます。
頭で考えながらのぎこちないスイングだったのが、これでスムーズに振れるようになるでしょう。





「ゴルフを練習したいけど、忙しくて時間がない」
という場合でも、練習する方法があります。
クラブを振り回すスペースがなくても、自宅でできる練習方法があります。
空き時間にこっそりこれをやることで、次にコースに出るときには
見違えるほど安定したスイングができることでしょう。





実は、あなたの家にも、ゴルフ上達に役立つものが眠っているのです。
家族に見られたら「お父さん、どうしちゃったの!」
とびっくりされること請け合いですが、
これがスイング改善にはてきめんの効果を上げるのです。
練習するときはくれぐれも、誰にも見られないようにしてください。





左一軸打法をマスターすれば飛距離は伸びますが、
さらに伸ばして「飛ばし屋」と呼ばれたい人のための
とっておきの練習方法があります。
まぐれで飛ぶのではなく、何度でも思ったように飛ばせる
再現性のある飛距離の伸ばし方をお教えします。





理論だけではゴルフは上達しません。
既に世界で3000人の人がスコアアップさせたスイングを
最短時間で身につける練習法をお教えします。
一見、変わった練習法ですが、左一軸打法のすべてが詰まっている練習法です。





勝手に曲がるのは嫌でも、自分でコントロールして打つ
ドローやフェードは手に入れておきたいですよね。
まっすぐ打つだけでなく、右でも左でも、
球筋を自在にコントロールする方法があります。
これであこがれのドロー球があなたのものです。





風にあおられて、バンカーや池に落ちてしまうことって、ありますよね。
風の影響を受けない球を打つ方法をお教えします。
これを知れば、大叩きが無くなり、スコアがアップすることでしょう。





練習場ではうまくいく。でもコースに出るとミスばかり。
そんな人には、ある共通点があるのです。
無意識のうちにやってしまうので、なかなか気付かないのですが、
実はこれが致命的になっています。
コースに出ても、いつもと変わらぬショットができるスイングを
身につける方法をお教えします。

・・・本当はもっとあるのですが、長くなりすぎるのでこの辺にしておきましょう。
あなたがオジー・モアの飛んで曲がらないスイングを身につけるための理論、
練習法のすべてがこのDVDに詰まっています。
内容を十分に伝えるためにDVDは2枚組になりました。
ぜひ、何度でも見て身につけ、スコアアップさせてください。





あなたのスイングを変え、いつでもまっすぐ飛ばす技術を身につけるためには、
オーストラリアに留学するのが一番いいとは思いますが、
仕事を休んで行くのは無理がありますよね。
私もオジー・モアに習うのにレッスン費用および滞在費を合わせると、
これまでにおよそ700万円ほど使ってきました。
ですが、だからといって、まっすぐ飛ばせるスイングが身につけられる
このDVDを700万円で売ろうとは思っていません。
このDVDは29,800円で提供しようと思います。
「高い」と思った人は、どうぞこのページを閉じてください。
しかし、閉じる前にちょっと考えてほしいのですが、
29,800円で、ボールがまっすぐ飛ばせるようになり、
スコアを改善させる方法が思いつくでしょうか?
何にお金を使ってもかまいません。
2回ラウンドしてもいいですし、
打ちっぱなしに20回行ってもいいです。
新しいドライバーを買っても構いません。
何か、スライスやフックを出さずにまっすぐ飛ばせるようになる方法を
思いついたでしょうか?
おそらく、無かったのではないかと思います。少なくとも私は知りません。
結局、あなたのスイングを変えない限りは
ボールの飛び方を変えることはできないのですから。
このDVDでこれからのゴルフ人生が大きく変わり、
一緒にラウンドする仲間からもうらやましがられるのなら、
29,800円は高くないのではないかと思います。
私も、今でこそゴルフを皆さんに指導していますが、
元は週末に打ちっぱなしに出かけるのが楽しみだった、サラリーマンゴルファーです。
頭の中にナイスショットを思い描き、意気揚々とドライバーを
握ったのにいざ打ってみるとスライスやフックばかり。
コースに出ても、なかなかフェアウェイに乗らず規定打数を大幅に超えて
プレーを続ける悔しさは私もよく知っています。
せっかくの休みにゴルフに行くのだから、楽しく気持ちよくプレーしたい。
快心の当たりを出し、堂々とフェアウェイを歩いてみたい。
その気持ちは痛いほどよくわかります。
ですから、29,800円という価格を見てもページを閉じず
ここまで読んでくださったあなたにだけ、
2日間だけ特別割引価格でお譲りします。
この価格で申し込めるのは今日から2日間限りです。
ぜひこのタイミングで手に入れてください。
同じ金額で、コースに出て1ラウンド楽しむのもいいですが、
一度DVDを見て、まっすぐ飛ぶようになるスイングを身につけた方が
次からのラウンドが楽しくなる賢明な選択と言えるかもしれませんね。














この方法を実践後、2ラウンド以内にこれまでの最高スコアが
出なかった場合、代金を全額返金させていただきます。
もし、2ラウンド以内にベストスコアが出なければ、
メールを1通送信してください。購入日から90日以内でしたら、
DVD代金を全額返金させて頂きます。
返金のお申し出は、DVD視聴後2ラウンド分のスコアカードの写真とともに
「返金希望」とメールをいただければ、7営業日以内にあなたが指定する
口座にご購入代金を全額返金いたします。
この返金保証は、このスイング理論に対する自信の表れとお考えください。



ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。
その場合は恐れ入りますが、再度ご注文ボタンを
クリックしてくださいますようよろしくお願いいたします。
配送版
※海外の方は、お問い合わせください。
お気に入りに追加
>>お電話でのご注文はこちら<<
電話注文は土日祝がお休みです。

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用になれます。
なお、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さい 。


<発送について>
※ 土日祝日はお休みをいただいております。
※ 発送は、代金決済完了後、翌営業日に発送しております。金曜日にご注文いただきました場合、発送は月曜日(月曜日が祝日の場合は翌営業日)です。
※ 配送会社はクロネコヤマト宅急便です。配送が完了いたしましたら、メールにてご連絡させていただきますので御確認ください。
※ 発送は神奈川県からの配送となりますので、地域によっては到着まで翌々日以上かかることがございます。











30日間 質問し放題のメールサポート
購入から30日間メールでのサポートを付けさせていただきます。
(ご購入後30日の間なら回数無制限)
DVDの内容でわからないことやゴルフに関しての悩みなど、何でも良いので
質問をしてきてください。
ゴルフは一人で悩んでいても解決しないことが、人に相談することで
解決される場合がほとんどです。
小池幸二が責任を持ってサポートさせていただきます。  












ゴルフ攻略の考え方がわかる映像
スコアメイクに大きく影響するメンタルマネジメントに関しての
お話をインタビュー形式で収録したものを差し上げます。
プレッシャーがかかると、どうしても体に力が入ってしまい、
思わぬ方向にボールが飛び出して大崩れしてしまうことがあります。
ストレス状況下でもミスを少なくする方法をお話ししますので、
スコアの波がなくなり、安定的に好スコアでまわれるようになることでしょう。
(この特典はDVDのQ&A部分に収録されています。)      












スコアが10縮まるパター動画
オジー・モアのパターの考え方を
理論編と実践編の動画でお伝えします。
どんなにドライバーやアイアンが良くなっても、パターが良くならないと
スコアが伸び悩むことになります。
パターの1打も他のクラブの1打も同じ1打です。
しっかりとカップインできるパターの方法を動画で見て学んでください。
正しいパターの構え方から、腕の動かし方、上りと下りでの考え方の違いや、
ロングパットの距離感のつかみ方など、このパター動画を見るだけで、
スコアが10以上縮まる人もいると思います。
(この特典は、DVD同封の案内書に記載された
購入者様専用ページよりご覧いただけます。)         













スイングチェックシート
オジー・モアの左一軸スイングを身につけるために
注意すべきポイントをまとめたチェックシートをお付けします。
このチェックシートはDVDの内容に沿って作成されています。
DVDを見て、このチェックシートで確認しながら練習すれば、
あなたのスイングは驚くほど変わり、飛んで曲がらない打球が
打てるようになります。
(この特典はDVDと一緒に発送いたします。)           













あなたのスイングを診断します
購入から30日以内に、あなたのスイングを、家庭用ビデオカメラで
撮影していただき、私宛に送ってきてください。
私が直接、メール等で改善すべき点をご指導致します。
スイング指導はご購入日から30日以内に限らせていただきます。
(この特典は、DVD同封の案内書に記載された
購入者様専用ページよりご覧いただけます。)     












先着50名に5,000円キャッシュバック
ご購入後に紹介している「特別キャンペーン」に参加していただくと、
先着50名様に、5,000円をプレゼント致します。
DVDをご覧いただいたあと、
・DVDのご感想
・笑顔の顔写真
をお送りくだされば、5,000円のキャッシュバックをさせていただきます。
(この特典は、DVD同封の案内書に記載された
購入者様専用ページよりご覧いただけます。)          










私がゴルフを始めたころに、心ない知人から言われた言葉です。
下手くそと言われるのは仕方ありません。
だって、本当に下手くそでしたから。
でも、何が悔しかったかというと、私が当時の中途半端な知識で
間違った常識を教えたがために、何も悪くない友人までもがバカにされたということ。
私が間違ったスイングを信じていたがために、
友人までもが間違ったスイングを身につけてしまったのです。
そのときからはだいぶ歳月が経ちましたが、私が教える生徒には
絶対に正しいスイングを身につけさせるという信念でやっています。
もう、間違った常識にとらわれて、
理論ばかりで実践できないスイング理論は嫌なのです。
数々のプロのスイングを見てきた中で私がこれだと思ったのが、
オジー・モアのスイングです。
理論と実践がともなっているスイングですし、
オジー・モア自身もそれで賞金王になっています。
彼の生徒も見違えるように上達し、
オジー・モアが5年連続トップ・コーチに選ばれていることからわかるように、
十分に実証され、お墨付きもあるスイングです。
ですから、私は自信を持ってすすめます。
この先のゴルフ人生を楽しくすごすために、
あなたも、まっすぐ飛ばせてしかも飛距離が出るスイングを身につけておきませんか?
きっと、あとで振り返ったときに、
「あのときにスイングを変えて良かった」と思うことでしょう。
ぜひ、オジーのスイングを身につけてみてください。
私からあなたへの心からの提案です。




>>お電話でのご注文はこちら<<
電話注文は土日祝がお休みです。
配送版
※海外の方は、お問い合わせください。












ゴルフのバイブルとして活用しています
ベストスコア88→82
大分県 小野 文明さん(69歳)
我流でゴルフをはじめて30数余年になるのですが、それまでは、
溢れるゴルフ情報に埋没して迷える羊でした。
このゴルフ理論に出会ってから、わたしのゴルフバイブルの
源泉として活用させていただいております。
左一軸打法を学び、わたしのゴルフは自分のものと
なりつつあります。
スエーがなくなり、トップもコンパクトで安定した打球に変化しています。
特に先生の名付けた「右肘・右腰連動」の極意はゴルフプレイでのあらゆる場面に
有効で重宝しています。
先生のますますのご活躍を祈念して、感謝とお礼の結びといたします。












左一軸打法は最強のゴルフ理論であると確信しました
 
野本 泰司さん
左一軸打法にして感じた事を報告させていただきます。
(箇条書きで書かせてもらいます。)

方向性が良くなった。
アプローチ、特にバンカーショットが著しく上達した。
飛距離が15ヤード伸びた。
パーオンしなくてグリーンを外してもボギーを叩く気がしなくなった。
難しいライ(ベアグラウンド等)からのショットが楽しくなった。
ゴルフが易しいと感じるようになった。
ハザードがあっても怖がらなくなった。
ラフからのショットでもそれなりの距離と方向性が出るようになった。
グリーンが近く感じられるようになった。
高価なゴルフクラブが良いショットを生むのでは無く、
良いスィングが良いショットを生むという事の理解が出来た。
短期間でスィング改造が出来て結果がすぐ出せる理論。
髪の毛一本たりとも無駄な動きをさせないスィングである
(先生の談:もっとも私には無駄な動きをする髪の毛はありませんが・・・笑)
SWでのスィングが出来れば、W1でも同じスィングで打てる。
(理論がどのクラブでも同じ事の証明)

等々、総合的に見て、良いこと尽くしで左一軸打法は最強のゴルフ理論であると
確信しました。
他のショットまでも良くなるという相乗効果が出ています。












先輩は左足一本でHC2です!
 
愛知県 佐倉 智弘さん(46歳)
私の知り合いでHC2の方がいます。
その方は、交通事故で右足が不自由で、歩行時は右足を
引きずって歩いている方なのですが
ゴルフとなるとすばらしく力強い球を打ちます。
見ていると左足一本で打っているに違いないのですが
ティーショット、セカンド、アプローチとすばらしい限り
であります。たぶん一軸打法の真髄なのではないでしょうか?
数年でシングル入りし中部アマの予選も通るほどの尊敬する先輩であります。
先輩のスイングを見るたびに一軸を思い出します。
私も一からやり直したいと思います。













身体に負担が少なく、練習が楽になりました
ベストスコア105→98
長野県 五十嵐 利雄さん(77歳)
ゴルフ歴は42年になりますが、70才を過ぎてから、
飛距離が大幅に落ちて悩んでいます。
レッスン書を片端から読みあさり、これはと思うDVDや
練習器具を購入したりと、涙ぐましい努力?をしていましたが、いっこうに埒があきません。それどころか練習をしすぎて、
身体を痛めてしまう始末です。
そんなときに出会ったのがこの1軸打法です。
望みを捨てなければチャンスは訪れるものだとつくづく思いました。
まだ練習を始めて日が浅いので結果は出ていませんが、
確実な手応えを感じています。私の感じるこの打法の利点は次の通りです。

体重移動をしないので、スイングがシンプルで、ミスショットが少ない。
無理な動きが無いので、身体に負担が少なく、練習が楽である。
(私のような高齢者には特に大きな利点である)
プロの世界でも重視されるこの打法を、このような低次元でとらえて恐縮ですが、
私にとってこれらは大きな利点なのです。












ミスショットが少なくなりました
 
千葉県 降屋 充さん(60歳)
左一軸打法は、右への体重移動が無いぶんシンプルで
ダウン時の左サイドの体重移動のミス
(私の場合左サイドの体重移動のミス非常に多かったので)
も無いのでミスショットが少なくなったと思う。
今後DVDを参考にして練習と実践にてより深い取得を
目指すのと、それに伴うベストスコアーが期待出来ると
考えています。












アプローチが真っ直ぐに飛び、よく寄るようになりました
 
竹本 弘子さん
左1軸打法にして良くなった点

左股関節を軸にして、シッカリト当たる実感が得られるようになった。
ズレタ時も分かるようになった。
アプローチが真っ直ぐに飛び、よく寄るようになった。
左サイドを止めて、右サイドを動かすコツを、体得しつつある。
ドライバーショットは、特に実感しており、得意になった。
体が立っている構えが、良いショットを生む。
前かがみを少なくすると良い結果が得られる。
今まで、軸がブレテいたのが分かった。
下半身がシッカリして、スイングできている。














飛距離が伸びました
 
前山 和洋さん
左1軸を意識するようになって

まず、フォームがキレイになったと言われる。
体の運動量の割には、よく飛ぶ。
アプローチのイメージで、ドライバーショットが出来るようになった。
時々トップする、イップス病であったアプローチが、左1軸にして、
フェースにボールを乗せて運べるレベルになり、寄るようになった。














グリップの間違いに気付きました
 
石川県 野上 渡さん(59歳)
メールで左一軸打法のオジー・モアのボディスイングドリルを受けて、自分なりに練習しましたが?
自己流が直りませんでした・・・・(>_
>>お電話でのご注文はこちら<<
電話注文は土日祝がお休みです。
配送版
※海外の方は、お問い合わせください。















お問い合わせ特定商取引法に基づく表記
Copyright c オージー・ゴルフ・ジャパンLLP All rights reserved.










var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));


try {
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-11798854-1");
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}





if(typeof(_gat)!='object')document.write('')

try {
var gwoTracker=_gat._getTracker("UA-18010206-1");
gwoTracker._trackPageview("/3554413374/test");
}catch(err){}






詳細を見る
pr 毎日3万稼ぐほったらかし完全自動アフィリエイト講座
  1. 2011/01/30(日) 22:09:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ

売れ筋トップ3

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。