ゴルフ天国

ゴルフを楽しくやろう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴルフスイング診断プログラム

ゴルフ初心者・経験者の90%が勘違いしています。あなたのゴルフへの....






ゴルフスイング診断プログラム









>  >
>ゴルフ上達無料メール道場ゴルフ虎の穴
>
“ゴルフ上達無料メール道場配信スケジュール”
当道場のゴルフ上達メールの配信予定は以下の通りです。
一日一回 全11回
 
その零の巻き ゴルフが上達するためにまずしなくてはならないことその壱の巻き 老若男女いやでも飛距離が伸びてしまう単純かつ明快な5つの方法とは?その弐の巻き アイアンショットの抑えておきたいツボその参の巻き バンカーショットに特別な打ち方はいりません。その四の巻き ボールコントロールに隠された秘密その五の巻き これでアイアンは心配無用曲がり知らずのパンチショットその六の巻き すべてのショットに共通するグリップ、はずしちゃいけないポイントとは?
その七の巻き パットイズマネーあなたがベストスコアを手にするためのパッティング技術講座その八の巻き ベストスコアを出すための簡単マインドコントロール法その九の巻き メールをここまで読んでいただいた方へ送るゴルフ上達無料特典その十の巻き メール道場を終了するあなたへ送るスコアアップへの鍵






>ゴルフ上達無料メール道場


>お名前(姓)
 (例)山田


>Eメール





※ご記入いただいたメールアドレスは、メールマガジン「ゴルフクラブ 最新機種 試打レポート」(まぐまぐから発行。ID:0000233010)に発行者によって、約1ヶ月後に代理登録になりますが、ご不要の場合には、 href="http://www.mag2.com/m/0000233010.html">http://www.mag2.com/m/0000233010.htmlより、配信を解除する事が可能です。なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メルマガには登録されません。

 
 
ゴルフは好きです。
>しかし、 >スイングがもっと良くなって
スコアがもっと伸びたら
>もっともっとゴルフが
>好きになるはず・・・。
 
>・・・・・とお考えの方は、
>是非このまま読み進めてください。
 
あなたはゴルフが好きですか? 
 
 





2004年 (当時23歳)
オーストラリアでゴルフ留学で
猛勉強&研究


 





2005年 (当時24歳)
安定したスイング、スコアを
得るための理論を構築 
 





2005年8月 (当時24歳)
平均スコアが10ストローク縮まる。
そして左でもゴルフを始める。


 





2005年12月 (当時24歳)
左でもヘッドスピードが55を超え
300ヤードの飛距離を得る。

 





2006年7月 (当時25歳)
ゴルフ暦一年足らずで
左でも70台を記録


 





2006年9月 (当時25歳)
左右のスイングを生かした上達法
NSP打法を構築
 

 






2007年8月 (当時26歳)
NSP実践者の中村選手がQT1stを突破
ツアープレーヤーとなりQTランキング獲得


 





2007年10月 (当時26歳)
中村選手がミニツアーで
見事優勝を飾る。
 





2007年11月 (当時26歳)
RYUNANの回りやNSP実践者が次々に
ゴルフが上達していく


 





2008年8月 (当時24歳)
私自身もQT1stを突破し、
ツアープレーヤーとなりQTランキング獲得
 

>
 
 
 
ゴルフの楽しみ方にもいろいろあります。もし今これを読んでいるあなたがスコアに全くこだわらず、ただただ「仕事上の付き合いのため」とか「ゴルフには歩きにいっている」とか「コンペは参加するだけで満足」と思っている方はこれから先の文章に何のメリットもございませんので読まなくて大丈夫です。時間の無駄になります・・・
しかし、
それとは逆にもしあなたが18番ホールをホールアウトするたびにあと1ストローク、2ストローク、3ストローク
あと10ストロークスコアが縮まれば··· とそう考える志の高いゴルファーの方でしたら、一通り読んでみていただけると幸いです。
なにかのお役に立つはずです。
                                                                                                         

                                                                       
“ゴルフの最速、最善の方法とは?”
 
だれもがご存じのようにしっかりとしたスイング理論を持ち、指導力に長けているレッスンプロについて練習場に出向き、日々プロの管理化の中ボールを打ち練習することでしょう。ゴルフの本や雑誌は知識としては素晴らしく、参考になるのですが、いざ自分でやろうとしても、そのとおり体が動いてくれません。
プロはあなたの悪い癖や間違った行動を地道に矯正して正しいスイングができるようになるまで練習を重ねることで上達へ導いてくれるのです。
しかし、このレッスンでプロに見てもらうというこの方法には、
何個かの欠点があります。
一つ目はこの日本には指導力に優れ経験が豊富なプロの数が少ないということです。
二つ目はみなさんも一番切実なところお金です。もしあなたにあったプロに出会えても一人占めにするには、
莫大な金額がかかってしまいます。
三つ目は時間との戦いです。自営業の方、通勤の方、仕事をしている人にとって、自分のプロのところまで通うのに、相当の労力と時間を使うことになります。余裕を持って4時間ぐらい確保したいところです。そう考えると継続的にプロのレッスンを受けることは時間的にも経済的にもかなりのリスクを背負わなければならないということです。ですからプロついて練習することが最善だとわかっていてもそれを実現できる人は、ごくわずかということになります。
 

 
“しかし自分では何をしたらいいのかわからない”
 
しかし、ただただ練習場に通いつめてボールを2箱、3箱とむちゃくちゃ打つだけでは
トレーニングにはなっても上達には
なかなか結びつきません。
みなさんも経験があると思いますが、ゴルフやコンペが近づくとテスト前の
一夜漬けのように練習場に出かけ必要以上に
ボールを打ちまくり、当日には筋肉痛。
そしていざラウンド。しかし、必死の練習とは裏腹にいつものドスライス、ダフリにトップおまけにシャンクまで飛び出し、目標に掲げたスコアに到底及ばないのです。
その理由はシンプルかつ明白です。それはスイングの基本ができ上がっていないからです。スイングの基礎ができ上がっていない状態で練習場でボールをむやみに打つという行為はトレーニングやエクササイズの意味はありますが、スコアに直結させるというゴルフ本来の上達という部分に対してはあまり役に立たないのです。
 

 
“ゴルフ上達の最大の秘訣とは?”
 
スイングの基本的なメカニズム習得すること
もちろんショートゲームは必要です。
しかしまずスイングの基本を最優先するわけです。
 
おおまかなスイングの基本とは・・・
●正常な体のアライメント●インパクトに向けてヘッドスピードが
最大となる体の回転と体重の移動●体からきた力をクラブに伝える腕の振りぬき
 
このようなそれぞれの運動原理を一つのスイングという動きの中で円滑、
かつ正確に再現するということです。
言うはやすし、行うはがたし
正しいスイングを習得するということはパターは別としてゴルフのすべてといっても過言ではないのです。
スイングの成否がスコアという数値になってあなたに返ってくるのです。
だからゴルファーはみな
プロであろうが、
アマであろうが、
女の人であっても、
Jrであっても
正しいスイングの習得を目指して日々練習を重ねるのです。
ツアー優勝を狙うプロも100切りを目指すあなたにも成すべきことは同じなのです。
ようするにその基本を
どれだけ
どれくらい
習得しているかということなのです。
 

 
“そのスイング習得の近道は己を知る事”

 
その基本を習得する上でもっとも重要なことの一つが
己を知るということです。

正しいスイングの方法自体がわかっていても
現在の自分の状態が把握できていなければ
最高のスイング理論でさえ
宝の持ち腐れに終わってしまいます。

自分のスイングを把握する上で大切なポイントがあります。
 
●テンポ

●体重移動

●アライメント

●スイングプレーン

●重心の位置

●切り返しのタイミング
●フィニッシュ

その他ありますが、
実際の話
スイングプレーン一つとっても
人と同じものというのは
存在しないのです。

そしてスイング自体同じ理論を実践していたとしても、
感覚は十人十色
その感覚はあなた自身のものでしかないのです。

                                                      

 
“あなたのスイングを熟知したパートナーの重要性”
 
だからこそ、

あなたの体、考え方、内部感覚を知った上で、
あなたにもっともあったスイングを選択してくれる
パートナーが必要なのです。
そのパートナーの役割を果たしてくれるのが、
レッスンプロやコーチということになります。

しかし、

そのパートナーにも合う合わないという
問題が生じてしまうのです。

それはさっきも説明した内部感覚が
十人十色と関係しています。

人間の体の使い方、
クラブの扱い方には地球上の万人が共通する部分と

個人差によるその人その人の
感覚からくる特性があるのです。
 たとえば、球を飛ばすには

「体重移動が必要」

これはまちがいありません。

しかし、

その体重移動の仕方も人それぞれ
右に乗せて一気に左にシフトする人
回転の中で移動していく人、
一本の軸を意識して回転する人

それぞれが大小異なりますが、
その人なりの体重移動をしています。

そういった自分の特性を知り、
自分に適ったフォームを見つけ出せれば、
上達の螺旋は一気に加速していきます。

自分の個性に適ったスイング、動きができれば、
安定かつダイナミックな
パフォーマンスが得られますし、
自分の力を120%使いきることができます。

つまり、スイング、動きの安定は
ミスショットの確率を減少させ、
ボールにパワーを惜しみなく伝えることに成功し、
あなたに最大飛距離をもたらしてくれるのです。

また、自分のスイング、動きがわかっていれば、

レッスンプロを探す上でも、
本屋などで理論書を探す上でも

合うものだけを自分自身で判断し、
チョイスすることができるようになるので、
雑誌に書いてあったことを鵜呑みにして
よく起こる
一瞬の「開眼」

のような迷いはすくなくなるのではないでしょうか?

そして自分のお手本となる人も
みつけやすくなります。
                                                            

 
 
          “ナンバー1の影響力”
 
>
手本なる人のスイングは
やはりゴルフがうまい人になってきます。
そこはあたりまえのことです。
そしてなんといっても
実力ナンバーワンの人つまり
タイガーウッズや
ジャンボ尾崎
あなたもこの二人のスイングを
真似した経験はありませんか?
もちろん悪いとはいいません。
中には同じ身体感覚を持った人も当然いることでしょう。

しかし、

その動きが合っていない人も必ずいるのです。
それは変えようのない事実です。

そしてゴルフ雑誌やゴルフレッスンも
そのナンバー1の人を中心に回っていくことになります。
つまり、そのナンバー1の人スイング理論が
正しい理論として世に出回ることになるのです。

たしかに
正しい理論ではありますが、
それがはたして万人に通用するかと言われると
そうではありません。

これが練習してもなかなか上達しない
ゴルフのからくりの一つなのです。
 
 

 素人じゃそれを判断できないじゃないか? >”  
合う合わないが
あるのはよくわかったが
しかし、素人が自分に適った
唯一無二のスイングを見つけ出し、
実践することは不可能だと
反論がありそうです。

そのとおりです。

だから私のような
存在が生きてくるのです。

私はかつていろいろなレッスンを受けてきました。

私自身合う合わないをえげつないほどに味わってきました。
いろいろなレッスンを受ける中で
そういった場面には多々遭遇してきました。

そして今では逆の教える立場でもあるわけです。

教える立場になると、その特性を
顕著に感じずにはいられませんでした。

例えば
同じ症状の手を使いすぎてしまう癖を直すのに

AさんとBさんとでは
アプローチの仕方がまったくちがってしまいます。

同じやり方ではどうしても
急激に伸びる方と
停滞してしまう方に分かれてしまうのです。
そして上達のカギはまさにそこに隠されています。

レッスンやスクールに入る前にまず

自分の
特性



特徴を
知ることによって

ゴルフスイングにも
プロを選ぶ上でも最高の効果をもたらしてくれます。


私はレッスンの数もさることながら、
見てきたスイングの数も数えきれないほどです。
そんな私が

あなたのスイングを

診断させていただきます。      

                                                                                         

 



>



  ゴルフスイング診断プログラム
>※診断結果は画像と文章になります。

 

※画像はイメージです
16800円 
>↓
期間限定限定価格 
>7980円
>↓
特別限定価格
4980円
 
href="http://www.infotop.jp/order.php?iid=21725" target="_blank"
>

 

 
 
      主な診断内容はこちら↓
 



>
あなたにぴったりのスイング軸

 
どんな運動においても軸作りは重要な項目の一つです。

スイング軸とはつまりあなたのスイングの基点となる部分です。
上級者のスイングは流れるように体が動いていながらも、
常に軸がしっかりと保たれてスイングしています。
すべての動きが軸から始まっているといっても
過言ではありません。

あなたに最適な軸のポジションを捉えるだけで
高いパフォーマンスが得られることは言うまでもありません。

 




あなたの主導サイド
 
 
ゴルフスイングではみなさんもご存じのとおり
体の中心部つまり体幹が
最初に動きだし、肩、腕、手首へといった末端部分に向かって
力が動くことによって正確かつ力強いインパクトで
ボールに全身の力を込めることができます。
スイングはあくまで左右のバランスで成り立っていますが、
おおまかにいうと左サイドで
引っ張っていく型と右サイドで押していく型があります。

これを意識して行うと
スイングがスムーズになる効果があります。

 
 




あなたに適したテンポ
 
テンポほど狂ってしまうと
スイングにおおきな影響が生じてしまうものはありません。
プレッシャーがかかった時なども乱れやすいのが特徴です。

逆に考えればリズムが安定していれば、
少々のスイングミスも気にならないということです。
 
 




あなたが目指すべきフィニッシュの形
 
 
スイングの集大成であるフィニッシュ
終わりよければすべてよし。

バックスイングからインパクトを向かえ、
フォローを抜けてフィニッシュにいたります。

いわばスイングの結果がフィニッシュなのです。
だからフィニッシュを固めることで
よりあなたのスイングの安定性が増すことでしょう。

 





あなたのスイングプレーンの傾向と対策
 
 
スイングの弧は単純な線では表せない。

ゴルファーの個性といっても過言ではない部分です。

本来のスイングプレーンは両肩とボールを結んだ線を
クラブヘッドが動く面の描いた軌道であり、
オンプレーンとはかぎりなくストレートな
弾道を打つための軌道なのです。
だからこの線に忠実にならなくても
球は自分の思った方向に飛ばすことは可能なのです。

それにこのスイング軌道はいじってしまうと、
その人の球筋をも変えかねません。

だからこそあなたの気持ちよく振り抜ける
スイングプレーンを構築する必要があるのです。
 






あなたのスイングと類似プロのスイング選出
 
 
これはロンが統合的に判断し、
あなたのスイング特性に近い
プロのスイングを選出させていただきます。
あなたのスイング上達にお役立てください。







その他気になる部分のアドバイス
 
 
その他、私がスイングで気なった点、
練習法などの指定、
今後の課題などワンポイントレッスンです。
 
 
“気になるスイング診断の方法”
ステップ1  動画をとる
まずはお持ちのデジカメやビデオカメラ、
もしくは携帯電話であなたのスイングを撮影してください。
基本は飛球線後方からと正面の2つを撮影していただきます。
 
ステップ2  チェックシートに記入する
スイング診断チェックシートにあなたの身体的特徴、
スイングの状態など、いくつかの質問に答えていただきます。
※無回答でもけっこうです。
ステップ3  指定のメールアドレスに送る
すべてができあがったら指定のメールアドレスに動画と
チェックシートの答えを添付していただき、
メールでロンの元へ動画を送っていただきます。
 
ステップ4  その他質問はメールサポート
その他お困りの事や、ゴルフの悩み
スイングについて聞きたいことなど
メールサポート30日間などで安心してお任せください。

 

href="http://www.infotop.jp/order.php?iid=21725" target="_blank"
>

 

 
“スイング診断プログラム実践者の声”
  





>スイング綺麗になったと
>羨ましがられます。

 
 
山梨県 星野百合
 

友達や先輩などとゴルフに行くと
とにかく「スイングが綺麗になった」「いいスイングだね」
などよくほめていただけるようになりました。
これも一重にロンさんのスイング診断のおかげです。
女性のわたしにも分かりやすいし、
分からない事があれば、
メールサポートで丁寧に対応して頂き、
私もあきらめず頑張ってこれた結果だと思います。
スコアもあと少しで100が切れそうです。
 
 
 
 
 




> >自分の課題がはっきり見えるので
>迷いは消えました。 
 
神奈川県 佐藤 直樹
 
ちょっとした興味でスイング診断を申し込んだのですが、
今やスイングに迷ったらロンさんに動画を
送って見て頂く様にしています。
私の場合自分でどこをどのように
変えていいか分からないので
スイングに迷ったら必ずロンさんに相談して
次の課題を頂くようにしています。
的確かつシンプルで分かりやすいので、
信じて練習に励む毎日です。

 





>仕事のためと思っていましたが・・・

 
埼玉県 新山 透
 

管理職についた時に、仲間からゴルフはしっかり
うまくなっておいたほうが仕事に有利と言われ、
はじめてみたものの、なかなか要領がつかめず
ハーフで60以上叩く始末。
仕事が忙しくて練習もたまにしかいけません。
レッスンなんてもってのほか・・・
コンペに出るたびに気落ちしていました。
そんな時、ロンさんのスイング診断をネットで見つけて
ネットなら好きなときに出来ると思いはじめました。
スイング診断を始めてから、
練習量は以前と変わらないのですが、
やることと目的がはっきりしているので、
自分でも驚きの上達が・・・
自分でうまくなっているということを感じるのが
これほど気持ちの良いことだとは知りませんでした。
この間のコンペも
3位になって私にとっては夢のような話でした。
 
 





>飛距離が復活しました。

 
静岡県  荒井 義之
 

ゴルフ暦20年。
ゴルフは好きなのですが、
練習場へはあまり足を運びません。
理由は練習場が遠いことと、
自宅の簡易ネットで練習できてしまうからです。
もっぱら球筋の確認はコースへ行った時です。
もともとレッスンを受けた事もありませんでした。
教えてもらうとしたら、
シングルの方にワンポイント程度のアドバイスをいただく
くらいなものでした。
それでもゴルフは楽しかったのです。
しかし、
最近年齢のせいか、ウッド、アイアンともに
飛距離が落ちてしまったのです。
力んで余計にショットもぶれるようになてしまいました。
そんな愚痴を
遊びに来ていた長男に話ていら、
このスイング解析を薦められ、
早速やってみました。
わかったことは自分のスイングが
やはり我流のもであること。
しかし、良い部分もあるということで
良い部分を大切にしながら上手く私のスイングを
良い方向へ導いてくれました。
おかげさまで飛距離も今のほうが
飛んでいるんじゃないかと思えるぐらい復活しました。
と思うくらい








私がシングルなんて。
 
福岡県 坂 昌広
 

ゴルフはなんとなく誘われればやるし、
嫌いでも好きでもないと言う感じでした。
そんなある日大学の友人とラウンドすることになりました。
ゴルフをはじめたのも同じくらいだった
彼が見違えるほどゴルフがうまくなっていたのです。
さすがの私も驚いてどんな練習をしたのか
問いただしました。
そしてロンさんのスイング診断をしりました。
あんなに上達するならばと
私も軽い気持ちではじめました。
でもやっていくうちにどんどんのめり込んでいって
気付けばシングルがもうそこという
ハンデ11になってしまいました。
友達には陰ながら感謝しています。

 
 
“自分に合ったスイングがきっと見つかる”
 
唯一無二のあなただけのスイングは絶対に存在するのです。
それはあなたがこの世に生を受けた事と
なんら変わりありません。


他人の真似をして苦しむよりも
いち早く自分を見つけて
ゴルフを楽しむことができたら、
なおゴルフは上達していくのではないでしょうか?
その手助けになれば私も嬉しく思います。
>RYUNAN
 

href="http://www.infotop.jp/order.php?iid=21725" target="_blank"
>

 
弊社に情報をお送りいただける場合は下記のプライバシーポリシーにご同意いただけたものとみなさせていただきます。
特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー
 
Copyright © 2009 RYUNAN All Rights
Reserved. powerd




詳細を見る
pr 家にいながらきれいになる!美肌術
  1. 2011/01/28(金) 20:33:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://owjvmhbz.blog93.fc2.com/tb.php/4428-ff5eee68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

売れ筋トップ3

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。